一高演劇部 新歓公演への道56 8回目の通し

1日部活。
午前中は基礎練習、ダンス等のあと
かなり細かく返していく。
はかどれば3場から5場までの通しをするはずだったが
できず。午後も引き続き小返し。

昼食。

午後は、それぞれのモノローグをやる。
うちの部長は発声も活舌も申し分なく
セリフは聞こえる。ただ、気持ちが見えない。
その点について彼女にとっては初めてくらい詰める。

マリリンモンローのアクターズスタジオでの
エピソードなんかも話す。
表現するということは突き詰めれば自分をさらすことでもあるから
基本恥ずかしいことだ。この恥ずかしいことをあえてしようとするには
覚悟がいる。勢いやノリではこなせない領域がある。
小説も韻文も、歌唱も演奏もダンスも同じだろう。絵画や書、お華やお茶も
同じではないかと思う。恥ずかしいことなのだ。そんなことをするのは
やはりどこかが常人とは違っている。
別に役者を作る部活ではないからそこまで詰めないが、でもきっとそうだ。

本当に感動させたいと思ったら、技巧の後ろにある何かが
必要になる時がある。圧倒的な技術の前に99パーセントの人が
ひれ伏しても、わずかでも、それでは感動しない人もいるだろう。

心をゆさぶられ、自分の価値観さえ揺らがせる芝居。
プロだからできるわけでもないし、アマチュアゆえに不可能とも言えない。

深いものだ。たどり着かない。ゴールがないとはこのことか。
IMG_3724.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント