日にちはない しかし楽しい 甲府一高演劇部

実質あと16日
今日は5場ある芝居の第3場の前半の稽古
オリジナル台本をやったことのない二人
自分たちの演技がオリジナルとして
残っていく。はじめての経験なのだ。
お手本があるわけではない。
全て自分たちで考え、深化させ
定着させていく。
それはある意味で苦しいことだが
しかし
やはり楽しいことなのだ。
自分たちが自分たちだけの芝居を
自分たちのアイディアで作っていく。

たった三人で
苦しみながら
笑いながら

これが演劇かな…と思う。

三十年以上演劇にかかわっているが
意外と今が一番楽しいかもしれない。
画像

"日にちはない しかし楽しい 甲府一高演劇部" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント