マンガにおける筆致(ペンタッチ)論について

マンガ論において
描線分析というのはとても重要な分野であるが
なかなか誰にでもできるものではない
しかし、この方法論についてもっと本質的な論議があってもいいと思う
夏目房之介先生の「手塚治虫はどこにいる」には
鉄腕アトムの描線分析がある。
夏目先生がマンガ家であったということが
この際とても重要なファクターなわけだが
仮に本物のマンガ家でなくても
この分野に挑戦して
技術的な側面
そしてそれに伴う精神的な側面から
のマンガ分析はあるべきだと思う

私は院に通ったら
模写をたくさんしようと思っていたのに
計画倒れで殆どしていない

中学校から高校にかけて
真剣にマンガ家になりたかったとき
よく模写をした。
ケント紙に雑誌やコミックスを見ながら
原稿を自分なりに復元するというような作業をした
時にはそれを小遣い稼ぎのために売った

あのころは線のもつ意味が分かっていた気がする
マンガ家がどんな苦労をしたり、技を使っているのかも
なんとなく分かった

あの頃の気持ちに戻って
描線分析をしたい

ナウシカとそれに至るまでのマンガ作品(「砂漠の民」や「シュナの旅」)
の分析や、白土三平などとの比較を是非してみたい
画像

"マンガにおける筆致(ペンタッチ)論について" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント