一高演劇部 定期公演への道25-後2日 さざ波来る-

後2日となった。
今日は職場で時間休をとって早めに出たものの
交通渋滞に引っかかってなかなか着かない。
ついたのは16時30分過ぎ。
お手伝いさんはまだ来ていない。

Iさんだけが基礎練をしている。

あと2日で間に合うか。
ただ立っているだけではなく、
身体を使って芝居をすることができるのか。

そのキッカケだけでも今日、掴みたかった。

いろんなことを試してみる。
蚊に刺されたところがかゆくてたまらない中での
台詞だし。
でもかゆいことと台詞がつながらない。
分けてしまう。
なのでなかなか掴めない。

そこで、芝居の中でも使っていく
ピアノの和音を鳴らしてそれに気持を
響かせて台詞を出す練習をしてみた。
CM7やFM7などのセブンスコードの響きに
身体をシンクロさせて台詞を出してみる。

ちょっと雰囲気が出てきたので
お手伝いさんの音響さんに頼んで
一番最初の台詞の前に和音を鳴らしてもう。

音響さんのタイミングが抜群で
とてもイイ感じで台詞がでる。
みな「おーっ」と感嘆するくらい良かった。

なんとか小さなキッカケは掴めたか。
その後、後半だけの通しをする。まぁまぁの出来。
今日までとはかなり違う。

舞台と客席。劇場という空間に
和音を響かせたい。
そのための楽器が身体であるということを
Iさんは理解し始めている。
画像

"一高演劇部 定期公演への道25-後2日 さざ波来る-" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント