「世界が土曜の夜の夢なら」と「さとり世代」

仕事の関係で二冊同時に読んでいる。

「世界が土曜の夜の夢なら~ヤンキーと精神分析~」斉藤環(角川書店)
「さとり世代~盗んだバイクで走り出さない若者たち~」原田曜平(角川onedテーマ21)

どちらも最新の本ではないが、話題になったものである。
速読で読み切り、この仕事にケリをつけなくては。

今月はいろいろと原稿の締め切りがあって気が落ち着かない。
画像

"「世界が土曜の夜の夢なら」と「さとり世代」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント