一高演劇部 県大会への道7 チェルフィッチュ 

今日は、音響、照明などスタッフさんが休み。
ただ新たに照明ボードのオペに入ってくれた
2年女子は来てくれた。

大幅に変えたところの抜き稽古。

と同時に、主役の一人〈記者〉の
最初のモノローグと最後のモノローグを追加。
そしてチェルフィッチュの『目的地』の冒頭を見せる。

記者役の子は台詞を張りすぎて
つぶれて聞き取りにくいとの指摘が審査員からあった。
全くその通りなのだが、問題は台本の解釈の方で
あそこまでハイテンションで記者がいるかは疑問。
なぜか?という部分を台詞として足す。
と同時に彼らに取って斜め上のであろう台詞出しを
見せてこれも演劇だよと知らせてみた。

明日が楽しみである。IMG_1158.JPG

"一高演劇部 県大会への道7 チェルフィッチュ " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント