一高演劇部 県大会への道9 フラット読み

放課後、近くの教習所で二輪車安全運転実技講習会があり
そちらに行っていたので部活に出るのが遅れる。
戻ってみると、オリジナル部員の3人が
変わった場面を小返ししていた。
時間はないし、悩むし、煮詰まる。
お手伝いさんは出てこないので部員はきっと焦っている。
特に記者の役の子は相当煮詰まって参っている。

そんな彼女にフラット読みをするよう指示した。
演技はともすると過剰になる。
本人も気づかぬうちに。そんな時フラット読みをさせる。
要するにわざと棒読みさせるのだ。

なかなか役者は棒読みできないものだ。
そうやって何が過剰なのか客観視できるようにする。
私の数少ない指導メソッドの一つである。

みんな今が一番苦しいときかもしれない。
でも今苦しまないでいつ苦しむのだ。
頑張れ一高演劇部。
願わくば苦しみすら楽しめ。81761CD3-2930-493F-98BF-9E037AEB15EE.jpeg

"一高演劇部 県大会への道9 フラット読み" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント