一高演劇部 新歓公演への道24 卒業する元部長が来てくれる

今日は、表彰式。
昔は卒業式の日に行っていたが
時間もかかるのでずいぶん前から卒業式の
前日に行い、あわせて卒業式予行も行うようになった。

しかし、今年は新型コロナウィルスの影響で
2年は体育館で参列したものの、1年は教室で
リモートで見学する形になった。

明後日の卒業式は2年も1年も参列しない。

というわけで、卒業生が1・2年に直接会えるのは
今日が最後というわけだ。
そんな中、元部長のIさんが稽古を見に来てくれた。

今やっている「夏休みの風景」は、Iさんが初めて
役者として舞台を踏んだ芝居でもあり、
後輩たちがこの芝居をすることに感慨も一入のようだった。

最近やっているダンスの成果を見てもらい(驚いていた)、
その後、冒頭部とIさんが演じた〈さつき〉の山場を見てもらう(とても喜んでくれた)。
彼女は学年1人の演劇部員としてたった1人で
後輩を引っ張ってきた。よく頑張った。
今日の表彰式では高文連演劇専門部部長賞を授与された。

今の演劇部はとてもいい感じだ。ストレスもないし、楽しくのびやかだ。
そういう姿を見てIさんも安心してくれたと思う。

大学生活が楽しく充実したものになることを願う。
IMG_3572.JPG

"一高演劇部 新歓公演への道24 卒業する元部長が来てくれる" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント