一高演劇部 新歓公演への道39 「群青フェイク」と「イノセント鉄道」

今日は、本来なら秩父農工高校演劇部の自主公演を見に 部員全員と出かけることになっていた。 残念ながら新型コロナウィルスの影響で公演は中止となった。 (ただし、ホールでの上演を無観客で行い、 それを15時からYoutubeでライブ配信している) そこで今日はビデオで秩父農工さんの舞台を生徒と観た。 昨年の自主公演で見た「群青フ…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道38 演技の稽古に入る

今日は冷たい雨の1日となった。 気温も8.8度までしか上がらず、肌寒い日だった。 昨日、装置や照明などの回しが一応ついて 演技の稽古に入ったのだが 今日からはひたすら演技オンリーの稽古。 午前中は基礎練習。ダンスをしっかりやって 体を温め、発声・活舌・早口。 そして1~2場の稽古。 かなりみっちり。 昼食後…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道37 合格発表

今日は高校入試の合格発表だった。 もっともコロナウイルスのために、 合格番号を掲示するのではなく、 学校のHPで公表する形。 これは去年からだが、 2年前までは歓声が上がり にぎやかだったのを思うと、 静かで寂しい感じだ。 在校生の当校は12時から。 今日は、装置の細かなところを修正したり いらないものを片づけた…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道36 黙祷

今日は部活は週休日でない。 しかし、私は14時から稽古場に入り 装置をしたり、照明・音響にオペレートの練習をしていた。 14時46分に防災甲府という地元のアナウンスが流れ 樋口市長が震災10年のコメントを述べ、1分の黙祷を促した。 演劇部の近くで活動中の弓道部も吹奏楽部も音がしなくなったので 黙祷していたのだと思う。 1分…
コメント:0

続きを読むread more

震災から10年

東日本大震災から10年目の3月11日。 亡くなられた方、いまだ行方の分からない方、 震災以後に様々な苦労から命を失った方、 家族、友人、最愛の人を亡くした方、 人生が根底から変わってしまった方、 故郷に戻りたくても戻れない方、 時間があの日から止まってしまった方 私にはそうした人たちの本当の気持ちはわからない 想…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道35 残念な情報

今日は午前授業だった。しかも天気が良かった。 一気に塗装にかかる。 私は入試選抜会議があって途中抜けたが それ以外の時間で 照明の灯体の吊り換えと、ホリゾントの置き直しをした。 また、音響のセッティングとBGMの選考をした。 部員も私もやれることはやれるだけやっている。 今日、残念な情報が二つあった。 一つ目…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道34 装置作り進行

今日は、屋上にある建物を組み立てる。 2年はボードの立て付け。1年はケコミの作成。 少しずつ舞台らしくなってくる。 塗装がまとめて残っているのだが、 明日気温が上がり、晴れるというので期待している。 明日は午前授業なので時間もとれる。 今週中には装置や照明のセッティングを終わらせたい。
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道33 装置仮置き

今日は昨日塗装した材料を組み立て 装置の全体像をつかむため仮置きしてみた。 2年はもちろん、1年も自主的に動けるようになってきたので 何とか今日中にたどり着くことができた。 とはいえ、まだまだ装置は完全に仕上がっているわけではなく 照明のパッチなども改善の余地ありで 本当に仮の仮といった感じなのだが それでもアクティングや…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道32 装置つくり

朝から頭痛。しばらくなかったのだが 久々に襲われる。しかし、起きられないほどではなく 薬を飲んで出かける。 今日は午後から部活だったが 昨日の照明のこともあり カインズが開いた9時30分に行って 材木を買った後、稽古場に直行する。 照明のパッチを取り、配線を変え スタンドを高くしてから、あたりを取る。 24chのDMX…
コメント:0

続きを読むread more

夏目房之介教授 最終講義

今日の午後、私の指導教官であり師である 学習院大学大学院人文科学研究科 身体表彰文化学専攻の教授である 夏目房之介先生の最終講義がYoutubeのライブ配信であった。 受講者700人超という盛況だった。 「マンガ研究はなぜ面白いのか」と題された講義の 第一部は「『現代マンガ学講義』の現在」。 先生が院生室から今年の講義1…
コメント:1

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道31 ホリゾント幕

部活再開。 今日は午前中だけの部活だったので、 演劇の稽古はせず、舞台の仕事をする。 最初に客席とブースの調整。 明日以降作る装置の解説と 今稽古場にあって使える材木の探索。 ホリ幕設置。 照明スタンドを4つ出し、それぞれに灯体を吊り 電源コードを配置し、すべてをDMXコードでつなぐ。 ホリも今回初めてLEDウォールシ…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道30 明日部活再開

今日は昼から雨になった。 気温はさほど低くなかったのかもしれないが 少し寒気がして風邪だと嫌だなと思った。 入試採点の2日目。昼にはめどがついて あとはPC入力担当に任せる。 午後は、明日からの部活に備えて 舞台のイメージスケッチと 装置の設計図を描く。 短い稽古期間でどこまで丁寧に装置を 作れるかも今回の…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道29 後期入試採点

今日は昨日行われた高校入試後期の採点。 今日も在校生は登校禁止。 採点は夕方4時ころまで各教科に分かれて 行われ、明日も継続される。 部活は禁止というわけで 部員たちの自宅での自主トレを期待するしかない。 合間を見て、フライヤーとポスターの印刷。 土曜の午前中の部活に向けて準備できることはしておかなくては。…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道28 高校入試後期

今日は後期の高校入試。 私は仕事で日の上がる前から学校にいた。 朝、学校内外の異常がないかを確認して歩く。 異常なし。月に照らされる百周年や 明るくなっていく稜線が美しい。 今日受験している中学生にとっては 人生の一大事。必要以上の緊張を感じずに 自分の力を出してほしいものだ。 そして、見事合格した暁には …
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道27 高校入試会場作り

今日は雨が降ったり晴れ間が出たり、といった天候で 気温は高かったようだが不順な感じだった。 明日は高校の後期入試なので 4時間目は会場作りと大掃除。 卒業式前に一度掃除しているので比較的きれいなのだが 中学生が気持ちよく受験できるように整備した。 こんなこともあって今日から4日間は部活ができない。 部員が出してきた部ノ…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道26 卒業式

良い天候に恵まれ、卒業式日和になった。 山梨県の公立高校の卒業式は3月1日に固定されており、 たとえ土曜でも日曜でも行われる。 今日、元部長のⅠ先輩も卒業していった。 というわけで3月に入った。 今日から5日間は部活ができない。高校入試とその採点のためだ。 しかし、時間は刻々と過ぎてゆく。 残り日数は30日ない。実…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道25 客席を作る

今日は日曜日。1日練習。 明日から卒業式、後期入試会場つくり、後期入試、その採点と 5日間も部活ができない。 なので今日は、立ち稽古をできるだけ、と思ったが 部員が一人体調不良で休んでしまい、予定通りにはいかなかった。 それでも、基礎練習では、ダンスに40分ほどかけずっと踊っていた。 ダンス部かと思えるほどの熱の入れようであ…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道24 卒業する元部長が来てくれる

今日は、表彰式。 昔は卒業式の日に行っていたが 時間もかかるのでずいぶん前から卒業式の 前日に行い、あわせて卒業式予行も行うようになった。 しかし、今年は新型コロナウィルスの影響で 2年は体育館で参列したものの、1年は教室で リモートで見学する形になった。 明後日の卒業式は2年も1年も参列しない。 というわけ…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道23 部活再開

今日で試験が終わり、卒業式に備えた大掃除をして、 その後部活。 今日は寒かったが、雨など降らずに助かった。 明日は表彰式と卒業式予行。 明後日は休日で1日部活。 1日は卒業式。ただし基本3年とその保護者だけで 1・2年は登校しない。14時30分以降部活ができるが それだと2時間くらいしかできないので 日曜に1日練習をする…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道22 明日から部活再開

昨日、このブログだけでなくTwitterでも 新歓公演の告知をした。 告知したからには後には引けない。 たとえイバラの道でも匍匐前進する覚悟で行く。 明日で学年末試験は終了。卒業式に向けて大掃除をして放課。 その後12日ぶりの稽古。せりふも芝居勘も落ちただろう。 もう一度気を引き締めて「0」からの出発。 と同時…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道21 フライヤー作る

今日は後期期末試験2日目。 担当の国語総合・現代文分野があったので巡回。 その後、採点作業に入る。 私は採点は好きだ。結構楽しみながらやる。 返却日が近い時はかなり馬力を入れて短時間で行うときもある。 余裕があるときはじっくり、生徒の顔など思い浮かべて行う。 新入生歓迎公演のフライヤーを作る。 いよいよ告知となれば、後…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道20 新歓公演上演予定

今日は天皇誕生日で休み。部員は試験勉強に励んでいただろうか。 風はあったが、今日も日差しが暖かい小春日和。 このまま春になればと思うが3月1日の卒業式は雨の予報である。 さて卒業式の後は高校の後期入試で、 いよいよ来年度が間近に迫る。 コロナの関係で新入生歓迎のチラシ配りなどはできないが なんとか新歓公演のアッピール…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道19 「夏休みの風景」のポスター

今日から後期期末試験が始まった。金曜日まで。 一日穏やかに暖かかった。気温は21.9度。昨日とほぼ同じ。春の陽気だ。 さて、「夏休みの風景」の外回り、最後はフライヤーやポスター。 広報活動はとても重要。 どんなに素晴らしい舞台ができても、その存在を誰も知らなかったら 見てもらうことはできない。客のいないところでする芝居…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道18 「夏休みの風景」の音響

「夏休みの風景」の音響について。 必要なSEは ・セミの声(ミンミンゼミとヒグラシ) ・夕立の音(雷と雷鳴) ・校内放送(チャイムと生徒指導部の鬼山先生の声) である。 ここは、今までのどの公演でも同様である。 しいて言えばBGM OPの曲は ・西高のオリジナルバージョン…アコギがメインの洋楽 ・一高の2010年…
コメント:0

続きを読むread more

甲府22.3度

今日は叔父の葬儀があり 富士川町にある火葬場に行った。 とても良い天気で春の到来を感じさせるような陽気だった。 優しく博識な叔父は88歳の天寿を全うし 大往生であったと思う。 悲しみや、寂しさはもちろんあるが 心から感謝したい。 葬儀が終わって帰る車の中は ポカポカで、後から22度もあったことを知る。
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道17 「夏休みの風景」の照明

昨日に続き新歓公演「夏休みの風景」の外回りの話。 今日は照明について。 基本的に真夏の屋上という設定なので 自然光の再現となる。 真昼の日差し、夕立の時の暗い空、夕焼け。 この三つを丁寧に表せるセッティングとなる。 そのためには十分な前明かりとともに ホリゾントライトがどうしても必要になる。 昨年、ヤフオクで…
コメント:0

続きを読むread more

大坂なおみ選手 全豪OP優勝 おめでとう

大坂なおみ選手が 全豪OP決勝でジェニファー・ブレディ選手(米)を 6-4/6-3で下して2回目の優勝。 グランドスラム通算4回目の優勝となった。 技術はもちろん、精神面での成長が著しく 大人の試合運びという感じで、危なげない試合だった。 コートの内外での信念をもった行動に表彰式でも 賛辞が述べられていた。素晴らし…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道16 屋上をどう表現するか

さて、テスト期間中で部活はないが テスト明けから30日で芝居を仕上げるという 荒仕事がまっているので 外回りの仕事は埋めておきたい。 一つは装置、 二つ目は照明、 三つ目は音響、 四つ目はフライヤー、ポスターといった広報。 そこで今日は装置について。 アクティングはほぼ決めたとはいえ どうやって屋上という…
コメント:0

続きを読むread more

フライヤー

昔はチラシと言ってた。 折込チラシに各劇団を炎天下回った。 今は折込代行業みたいのが定着しているが 昔はカートに何千枚もチラシを積んで 都内の小劇場を歩いて回った。 ジアスのチラシも 自分で作ったり、教え子でそういう勉強している子などに 頼んで、プロに作ってもらったことはない。 印刷も、地元の印刷屋さんに出してい…
コメント:0

続きを読むread more

「Vレンジャー -最後の聖戦-」と「夏休みの風景」と「ノー・ファール」

「Vレンジャー -最後の聖戦-」(1996年2月)は、 演劇プロデュースユニット・ジアスの旗揚げ公演の演目。 正式な題名は、 「Vレンジャー-最後の聖戦-~地球を救ったオカマ オナベ そのヒモの物語~」 と長い。 デパートの屋上で戦隊ショーをやっている人々の話。 挫折した元高校球児がいたり、眉毛の太いオカマの眉ちゃんや、やた…
コメント:0

続きを読むread more