部活再開

2年生が修学旅行から帰ってきたので部活が再開。 残り日数36日。 2月中旬の上演にしっかりと準備できるか。 あるいは間に合わないか。 成功も失敗もきっと財産になるだろう。 そして一高演劇部の抱える様々な 面が浮き彫りになるだろう。 楽しみである。 わずか8人とはいえ、人心を掌握し モチベーションを保ち 前進していくの…
コメント:0

続きを読むread more

来年度の部活

新型コロナウィルスの猛威がとまらない。 感染者数の記録が塗り替えられ、 重傷者数は日々更新される。 医療機関は逼迫しており 根本的に歯止めはかかっていない。 来年度の予想が立てにくい。 ワクチンなどで封じ込められるのか 依然として感染拡大が続くのか 共存的に(つまりインフルエンザのような感じで)過ごしているのか。 …
コメント:0

続きを読むread more

立川志の輔独演会in甲府2020

今日は、県民文化ホールに 立川志の輔独演会に行ってきた。 前半は「はなこ」 後半は「井戸の茶碗」 なかなか良かった。円熟味を感じる話芸である。 後半の最初にプライベートで見に来ていた 松尾貴史氏に急遽出演を依頼したとかで 松尾氏がジーンズ姿で舞台に立ち 漫談のあと、声帯模写を披露する。 熊倉一雄から始まって ずいぶん…
コメント:0

続きを読むread more

小松政夫氏を悼む

コメディアンの小松政夫氏が亡くなった。 私は今59歳だが、私以上の年齢の方は シャボン玉ホリデーから 電線音頭、しらけ鳥音頭、小松の親分さん など伊東四朗氏とのコンビでの笑いなど リアルタイムで見てきたことだろう。 淀川長治のものまねや、「どーかひとつ」、「あんたはエライ!」、 「上手だね、上手だね、上手だね」等のギャ…
コメント:2

続きを読むread more

コロナ禍を憂う

札幌で生まれ札幌で育った私にとって 北海道のコロナ感染の状況は胸が痛い。 また、家族が旭川に住んでいたこともあって 旭川もなじみの深い街である。 医療が逼迫し、自衛隊の援助が入ったり 出産を控えた人が生めなかったりする事態は 非常事態と言わざるを得ない。 医療崩壊という事態が 決して誇張ではなく 目の前に迫っている…
コメント:0

続きを読むread more

にしえん2 アイディア

台本は1行も書いてないが 今日ふと、あれから25年たって 高校時代にやったそれぞれの芝居を 再演したらどうかと思った。 もっとも6年間で20本くらいやっているだろうから 全部再演したら大変なことになる。 さわりをオムニバスでつなげて それが全体のストーリーにつながっていったらいいな と思ったんだが それって結局「にしえ…
コメント:1

続きを読むread more

野村萬斎狂言会に行く

夕方、YCC県民文化ホールに 野村萬斎狂言会を観に行く。 演目は「文山賊」と「釣り針」 公演時間は休憩も入れて90分と 短いものだったが楽しめた。 狂言は基本コメディであるから笑える訳だが 現代的なアレンジを加えているとはいえ 古典に生きる笑いの感覚は 十分に現代人である私たちと共有できると思う。 楽しいひとときであっ…
コメント:0

続きを読むread more

リモート講義「高校演劇の今」

今日は、本来なら大学で 「『高校演劇』の今」と題した講義を行う日であった。 しかし、このコロナ禍の中で、リモート講義となった。 10月の「2.5次元」の講義で一度経験済みだったので 動画を作ることは慣れていたが、やはり対面でしたかったという 気持ちは強い。 ただ、感想がネットを通じて読むことができ 290人近い分量を今…
コメント:0

続きを読むread more

ジアス25周年記念公演について

自分のやっている演劇プロデュースユニット・ジアスが 来年の2月で設立25周年を迎える。 そこで来年は25周年記念の公演を打ちたいと思っている。 常小屋を県立文学館講堂にしてやってきたが 来年は4月から9月まで改装工事が入っていたような気がする。 するとどこで打つことになるのか? 総合市民会館か、双葉ふれあい文化館か、もっと違…
コメント:2

続きを読むread more

野間哲先生亡くなる

湯河原高校、大船高校で顧問をされ 桐朋学園芸術短大の教授をされていた 野間哲先生が7日亡くなった。 のまさとる先生とは関東大会で4回ご一緒したことがある。 2009年(千葉大会)の「じゃがいも母さん」 2010年(茨城大会)の「アイ・ラブ・坊ちゃん」 2012年(山梨大会)の「新釈姥捨山」 2016年(東京大会)の「戦…
コメント:0

続きを読むread more

ジョー・バイデン 当選確実

3日に投票のあった米国大統領選。 戦前の予想を覆し、トランプ大統領の優勢が 伝えられたが、その後一夜明けると 今度はバイデン氏の猛追があり 接戦州で状況が変わり始めた。 トランプ大統領は不正があったとして 法廷闘争に持ち込む構えで 敗北宣言をする様子はない。 そんな中今日になってペンシルベニアでの当確が バイデン氏に出…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 2月応援への道13 仮本読み終了

今日は仮本読みの最終日。 一人体調不良で欠席していたが 一応全員が全ての役をやったということで 金曜日にキャスティングの発表が演出の部長からあり その後は本当の本読みに入る。 県大会の日程が送られてきたので 観劇希望者を募る。 副顧問がいないので私は引率できない(舞台にいる)。 大会は18・19・20日だが18日まで…
コメント:0

続きを読むread more

「2.5次元」講義の感想文届く

今日は文化の日。部活はoff。 図書館で本を借りたり 車の修理をしたりして過ごす。 夕方、先月29日に遠隔授業で行った 「2.5次元〈これまで〉と〈これから〉」という学習院での 講義の感想が送られてきた。180人分。 おしなべて受け入れられたようで安堵した。 もちろん私より2.5次元舞台に精通した人もいるので そうい…
コメント:1

続きを読むread more

一高演劇部 2月公演への道12 キャスティングへ

今日は、会議があって部活に出たのは17時40分。 「ホット・チョコレート」の役を変えて2回目の本読みの最中。 明日はoff。木曜日もoff。 7日までにキャスティングを終える事にしている。 演出は台本提出者の部長。 キャスティングは部長が行う。決め方は自由。 演出は妥協しないことがミソ。 一度譲ると百歩譲らなくては…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 2月公演への道11 ホット・チョコレート

11月が始まった。 今日は2月公演の台本決めの日。 出されたのは 曽我部マコト 「ホット・チョコレート」 紀里谷和明「水平線を追いかけて満員電車を降りてみた」第5話 の2作。もっとも紀里谷氏の作品は戯曲ではなく 会話を主体にした小説?である。 この二つを全員が読んで、検討し、結果として 「ホット・チョコレート」になっ…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 2月公演への道10 10月が終わる

今日は良い天気だった。 1・2年は進研模試で部活はOff。 10月は高校演劇の地区大会が18日にあり 19日に落選が決まり、20日に早速2月公演の 日程表をあげ、昨日まで映画や演劇のビデオを 見ながらエチュードを繰り返してきた。 昨日が2月公演台本の締め切りで2本上がっている。 明日11月1日に台本決定、11月7日にキ…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 2月公演への道9 七人の部長2

今日は基礎練の後 「七人の部長」の1場をミザンスをとって本を持って立ちまで。 一人体調を崩して早退。 残りの7人で行う。 18時から発表。 生徒会室という設定なのだが 会議机をハの字において3人ずつ着席、 生徒会長はセンタニーに立つというミザン。 6月にこの芝居をするかもしれない可能性が出てきたので 全国大会の…
コメント:1

続きを読むread more

一高演劇部 2月公演への道8 七人の部長

今日の部活は昨日やり残した 2チームの「風の送り」の発表をする。 これがとても面白かった。 所謂、演劇的なうまさを追求するタイプと 抑制が効いたユニークな演劇を目指すタイプが 出てきてとても興味深かった。 昨日の上演が15分以上かかっていたのに 今日の2つは最初が13分台、二つ目は11分台と 展開も早く、1日だけとはいえ…
コメント:0

続きを読むread more

古谷修先生を悼む

古谷修先生が亡くなられた。 その報に接するのが遅れ 恩人の葬儀に参列できなかった。 平成4年、身延高校の十何年ぶりの自主公演に 「Please Mr. postman -冬木立の子守歌-」をかけた。 勘違いして良いできだと思い、古谷先生に上演ビデオを 送った。先生はけなすこともせず、代わりに全国大会の ビデオを送ってく…
コメント:1

続きを読むread more

一高演劇部 2月公演への道7 風の送り

今日も会議で部活に出るのが遅れた。 昨日配布した「風の送り」1~3場のエチュード。 18時まで準備して発表。4チームあったが 時間の関係で2チームしか今日は発表できず。 この台本、難しい。よくこの台本を 12年前にやって関東に行けたものだと 感心する。 間の芝居だが、とりすぎて 役者はそれを感じずむしろ気持ちよく…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 2月公演への道6 楽観

今日は急な会議が入って 部活への出が遅くなった。 今日はエチュード勝負第2ラウンド。 20個の指定された台詞と8個の自由創作台詞で 4人ずつの2チームが即興劇を競い合う。 今日のお題は〈楽観〉オプティミズム。 なかなか面白い闘いになった。 隕石落下で地球滅亡を尻目に 先輩に心寄せる女子高生の日常を描いた チームの勝ち。…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 2月公演への道 「ニューシネマパラダイス」と「夏休みの風景」

今日は天候が回復 少し暖かくなった。 午前中はフルバージョンの基礎練習・発声のあと 「ニューシネマパラダイス」を全員で見る。 いい映画だ。何度見ても発見がある。 そしてモリコーネの音楽。今年他界したことがつくづく悔やまれる。 この映画は映画の基本のみならず、演劇を含めたドラマの鉄則が 殆ど入っている。伏線の張り方回収の…
コメント:1

続きを読むread more

一高演劇部 2月講演への道4 創立記念日

あいにくの雨 今日はOff。 私は大学の講義がリモートになったので パワーポイントのスライドショーに動画埋めて 声を入れてビデオを作ったが うまくアップロード出来なくて立ち止まっている。 図書館に本を借りに行き お袋の買い出しの手伝いをしたりして 1日が終わる。 明日は部活。午前はビデオ、午後はエチュードの予定…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 2月公演への道3 140周年記念式典 

今日は部活か週休日でお休み。 140周年記念式典が行われる。 3時間目まで普通授業。その後大掃除をして 昼休み。 午後から記念式典と記念講演。 本来は県民文化ホールを借りて 大々的にやる行事だったが 新型コロナウイルスの影響で 学校の視聴覚ホールでの式典や講演を PCで全クラスに中継して クラスでプロジェクタ…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 2月公演への道2 エチュード勝負

今日は基礎練習の後、 8人を4人ずつに分けエチュードをした。 袋の中に32個の台詞を入れ、そのうち20個使用。 それとは別にオリジナル台詞を8つまで足していいことにして 短い芝居を作る。 ただしテーマが決められている。 今日のテーマは「ほのかな希望」であった。 2チームに与えられた時間は90分。 それぞれのチームは与…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 2月公演への道1 ゴリラゴリラゴリラ

今日から2月公演の準備に入る。 公演予定日は2月11日あたり。 今日から上演希望作品の募集が始まった。 10月30日が締め切りで31日に決定。 11月2・4・5日に仮本読み。6日がオーディション。 台本を推薦した者が演出をとる。 キャストは最大7人まで。 この条件で新たな舞台作りが始まった。 その後装置の片付けをして…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 地区大会への道26 反省会

今日は雨が降る寒い1日となった。 放課後、昨日入れるだけ入れた装置を 組み直す。 続いて17時から昨日の上演ビデオを見る。 見終わったところでそれぞれがコメントを 書き込む。 それを集めたところで、昼に届いた 結果を告げる。残念ながら予選突破はできなかった。 残念だ。 講評は1週間後に届くそうなのでそれを見て 自…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 地区大会への道25 本番

今日はいよいよ本番。 朝、7時20分に稽古場を開ける。 音響のAさんが一番に来る。 私は大道具のドアの開閉の具合を 直す。20年も使っている装置で 最近開け閉めがうまくいかない。 一度会場に行って健康チェックシートを提出。 コロナで提出書類や確認事項が多い。 戻ると装置をバラして一階に降ろしていた。 その後基礎練習…
コメント:0

続きを読むread more