テーマ:追悼

ル=グウィン氏 亡くなる

ル=グウィン氏が亡くなった。88才だった。 「ゲド戦記」を親戚からプレゼントされたとき 私はまだ小学生だったと思う。 今のように6冊セットではなく 4冊(3冊?)だったと思う。 〈名前〉にそんなに魔術的な力があるのかと 子供心に思ったものだ。 彼女はジブリの「ゲド戦記」を評価していなかった。 あるいはだまされたと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

西部邁氏の死

明日から山梨は20センチの積雪になるという予報。 にもかかわらず、とてもいい天気で明日から大雪? と疑わずにはいられない。 今日は朝から高演連70周年記念誌の発送準備で 忙しかった。 リストを作り、相手毎に添付する鑑が違うので それをコンピュータで作り 封筒の表書きをし、明日からの雪も気になるので 一冊ずつビニールに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狩撫麻礼氏を悼む

狩撫麻礼氏が亡くなった。70才だった。 まだ若い。 氏についてはこのブログでかつて 長文を書いたことがある。 「狩撫麻礼と『花の街』」http://jiasu-jiasu-jiasu.at.webry.info/201003/article_3.html 残念というよりショックが大きい。 心からご冥福をお祈り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星野仙一氏を悼む

私の亡くなった父は若い頃から中日ファンで 私自身も幼い頃から中日ファンだった。 巨人ファンが圧倒的に多かった北海道で 異端というべき中日ファンだった。 昭和49年のリーグ優勝。 巨人の10連覇を阻止した原動力は いつも吠えていて、巨人だけには絶対負けたくない男、 星野仙一だった。 彼は私の永遠のヒーローである。 N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早坂暁氏を悼む

早坂暁氏が亡くなった。88才だった。 氏の代表作は「夢千代日記」だと思うが 私の中では、太宰治を石坂浩二が演じた 「冬の花火」である。高校生だった。 当時下宿生活をしていた私は国文学科を 目指す文学青年の端くれだったので このドラマは真剣に見た。 白黒のポータブルテレビが部屋にあり その頃ですらカラーテレビ全盛だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お通夜に思う

西高で顧問をしていた時代 私は6年間指導をしたのだが この6期にはそれぞれ部長がいた。6人の部長だ。 どの子もみな思い出深い。 その中で、4期の部長をつとめた子のお父さんがなくなった。 この子の結婚式の時には、大変うれしいそうに、そして元気そうに 見えたのだが、急なことだったらしい。まだ64歳、私とさほど変わらない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

19日回目の息子の命日 

息子の19回目の命日。 朝早く起きて、家内と私の母と3人で墓参り。 19年前は太陽がまぶしいほどの晴天だった。 今日は曇り。 花を供え、線香をあげ、手を合わせる。 私も家内も年をとった。 息子が死んでからの人生は、自分にとっては 付録のようなものだと思っている。 早く息子に会いたいという気持ちは 変わらない。むしろ強く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩山紀生氏を悼む

「ボトムズ」のキャラクターデザインと作画監督チーフをつとめた 塩山紀生氏が13日火災によって亡くなった。 「ダグラム」や「サムライトルーパー」といった80年代アニメを担ったビッグネームだった。 火災で亡くなった事実はあまりにも気の毒でショックだ。 「ハリスの旋風」でデビュー。「宇宙の騎士テッカマン」や「勇者ライディーン」 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

上高演劇部 新歓公演への道20 装置塗装

今日は進路ガイダンスというのがあって 外部から専門学校や短大・大学の講師が来て 説明したり、模擬授業をやってくれたりした。 「声優」というクラスもあり、そこにうちの演劇部の2年生が 行っていたらしい。講師から随分褒めてもらったらしく うれしそうに話していた。 さて、今日は天気かよかったので、全員で 装置の色塗りをした。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

上高演劇部 新歓公演への道19 ビラ配り

今日は新入生オリエンテーション。新入生のクラス分けテストや 教科書販売などがあった。 それか終わって出てきたところに各部が勧誘ビラを配る。 演劇部は結構いい位置取りで、ビラを配った。 果たして新入部員は何人入るか。それはとても重要な問題だ。 2年連続の関東、そうしてその先を考えるなら 一人でも多く、そして男子が入る必要がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャックベリーを悼む

巨星墜つ ロックンロールの創始者チャックベリー氏が 90歳でなくなった。 「ジョニー・B・グッド」が大当たりしたのは 私の生まれる数年前だが その時の反響のすごさは、間接的ながら「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の 有名なシーンを見るとよく分かる。 主人公のマーティが、ケガをしたギタリストの代わりに ダンスパーティで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ムッシュかまやつ氏を悼む

GS全盛期から活躍し 独特の風貌で独自の世界を 生きてきたムッシュこと、かまやつひろし氏がなくなった。 スパイダースは、マチャアキや井上順などのスターがいたが 音楽的にはムッシュがリードしたのだろうと思う。 拓郎との「我が良き友よ」が今日もテレビで何度も 流れているが、個人的には「シンシア」のデュエットも好き。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

いとこの葬儀

木曜から土曜まで北海道にいた。 従兄弟が亡くなったのだ。 10年ぶりの里帰り。前回は祖母の葬儀だった。 従兄弟は私より一回り以上年下だった。 幼い頃の人懐っこい笑顔を思い出していた。 北海道を離れて間もなく30年になる。 北海道で過ごした年月よりも山梨で 暮らす日々の方が長くなった。 それでも山梨の人間という気は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

谷口ジロー氏を悼む

69歳。 メビウスの影響を最も早く日本で受けた作家の一人だ。 メビウス(=ジャン・ジロー)と名前まで同じだ。 バンドデシネに早くから関心を持っていて 自身もフランスで高い評価を受けた。 心からご冥福をお祈りする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤村俊二を悼む

おヒョイさんが亡くなった。 芸能グラフティで高見知佳さんと「カッフン」とやっていたのを思い出す。 声のいい人だなぁといつも思っていた。 おしゃれで雰囲気があって 力んでなくて、でも一本筋が通っていて かっこいい人だった。 こういう人が亡くなるのは本当に残念だ。 惜しい人を、とよくいうが こういう人が惜しい人だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョン・ウェットンを悼む

ジョンウエットンが亡くなった。 キング・クリムゾン、U.K.、エイジアのウエットンが。 昨年来の大物ロックミュージシャンの死去が続いている。 キース・エマーソン、グレック・レイクといったプログレッシブロックという 一時代を築いた人々が亡くなる中、今日になってこの訃報に触れることになった。 時代なのか。そういう時間の巡り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子の誕生日

25回目の誕生日 生きていたら、どんな人になっていただろう どんな大人になっていただろう 毎年この日にCDを買ってBirthday Presentにしているのだが 今年はONE OK ROCKの「Ambitions」にした。 あの子は、どんなふうに聴くだろう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐伯隆幸先生亡くなる

佐伯隆幸先生がお亡くなりになった。 21日のことだという。 学習院大学大学院の身体表象を立ち上げた方であり 私が先生にお目にかかったのも大学院からなのだが 私などが述べるまでもなく 日本の演劇における重要な場所に立っていた巨人であり また仏文学研究における泰斗であることは言うまでもない。 このブログでも 2011…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョージ・マイケルを悼む

2016年は数多くのミュージシャンを失った年だが 最後がジョージ・マイケルだった。 ワム!の頃は髭もなく、ラストクリスマスの人という感じだったが ソロになってからいい曲があった。 年を聞いて私より若くてちょっと驚く。 今年は訃報に接して驚くことが多かった。 誰もが知る有名ミュージシャンから 通が知る玄人受けする…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

グレッグ・レイクの死を悼む

プログレッシブロックという言葉が健在かわからないが キングクリムゾン、ELP、エイジアというネームがどれだけの 影響力を持っていたかは語るまでもない。 高校時代どれだけ聞いたかわからない。 「展覧会の絵」の「賢人」を聞きながら 冥福を祈ろう。 これをコピーしようと奮闘した若い日々を思い出しながら キース・エマー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝付兼太氏を悼む

肝付兼太氏がなくなった。 ショックである。 80歳だった。 アニメ創成期からアニメを支えてきた 声優たちが近年、毎年のように亡くなっているが また一つ大きな星が墜ちた。 スネ夫はもとより999の車掌 おそ松くんのイヤミ ドカベンの殿馬 どれも彼だからこそぴったりだった役だったと思う 残念だ。 心から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平幹二朗氏を悼む

甲府の県民文化ホールで「王女メディア」をやったとき 県の高校演劇連盟に公開リハに演劇部の生徒を招待してくれる話があり 見に行ったことがある。 この時が平氏の舞台を見た最初だった。 最近では 永井愛の「こんばんは父さん」で 佐々木蔵之介と共演しているのも見た。 いつでも、どんな芝居でも全力を傾注しているという感じがし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大橋巨泉氏逝く

先日の永六輔氏につづいて大橋巨泉氏が逝った。 いまさら、氏の業績について語る必要もないと思うが 11PMという「大人の番組」の司会をしている人、という イメージが小学生の私にはあった。 テレビの揺籃期から 勢いが広まっていく時代にかけて まさに、そのテレビが求めた多彩な才能だった。 古き時代が全て良いとは言えないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永六輔氏 逝く

永六輔氏がなくなった。 パーキンソン病になってから ラジオで語っている氏の言葉が 聞き取れないことがあったが それでも伝わることがあることに 驚く瞬間があった。 ラジオの人というと小沢昭一氏を思い出すが 二人は近く、これに野坂昭如氏を加えて 戦争とは何なのかを語った得難い人たちである。 みな鬼籍に入られた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜷川幸雄 逝く

蜷川幸雄が死んだ 調子が悪かったらしいが そんなことを知らなかったので ショックだ 蜷川幸雄が死ぬなんて想像したことがなかった なぜだろう とても驚き取り乱している こんな日が来ることを思い描いたことがなかった だから 今、何を語っていいかわからない 正直、自分が蜷川の死にこんなにショックを受けるとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富田勲氏を悼む

作曲家の富田勲氏が亡くなった。 氏の功績は私などが言わなくても 多くの人々に知れ渡っているので 触れない。 アニメとの関係で言うと 虫プロとの仕事が多かった。 「ジャングル大帝」や「リボンの騎士」は有名である。 特撮ものでは「マイティジャック」の荘厳なオープニングや 「キャプテンウルトラ」のスピード感あふれるオープニ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

望月三起也氏を惜しむ

望月三起也氏が亡くなった。 氏といえば「ワイルド7」だが 私は、ジャンプ愛読者賞に描いた 「ダンダラ新撰組」が好きだった。 独特の構図やペンタッチは 他とは違う個性を発揮していた。 ご冥福をお祈りする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キース・エマーソンを悼む

ELPのキース・エマーソン氏が亡くなった。 4月に来日予定があり、チケットも販売されているが 果たせなくなった。 私事だが 高校に入って友人に紹介されて聴き始めた 洋楽はいずれもプログレッシヴロックだった。 YESやキング・クリムゾンなどに混じって 勿論、ELPもあった。 せいぜいフォークソングしか知らなかった私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more