テーマ:追悼

甲府22.3度

今日は叔父の葬儀があり 富士川町にある火葬場に行った。 とても良い天気で春の到来を感じさせるような陽気だった。 優しく博識な叔父は88歳の天寿を全うし 大往生であったと思う。 悲しみや、寂しさはもちろんあるが 心から感謝したい。 葬儀が終わって帰る車の中は ポカポカで、後から22度もあったことを知る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森山周一郎氏を悼む

森山周一郎氏が亡くなった。肺炎。86歳。 「刑事コジャック」の印象が強い。 『紅の豚』のポルコ・ロッソ。 個人的には「キャプテン」の青葉学園のサングラスをした監督。 氏は劇団東芸第1期研究生だったのでもともと舞台俳優だった。 実際役者として時代劇やアクション映画で活躍された。 声優としては洋画の吹き替えを創成期からさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子の29回目の誕生日

今日は死んだ息子の29回目の誕生日。 例年通り、家内がチョコケーキを焼き、 私はそのとき話題になっているCDアルバムを プレゼントとして用意した。 CDという時代でもなくなりつつあるが 今日で23枚目のアルバムということになった。 今年はYOASOBIの『THE BOOK』。 ローソク消し東京にいる娘もネットで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半藤一利氏を悼む

半藤一利氏が亡くなった。90歳。 1965年『日本のいちばん長い日--運命の八月十五日』 1993年『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞。 1998年『ノモンハンの夏』で山本七平賞。 2006年『昭和史』で毎日出版文化賞特別賞。 宮崎駿氏とSWITCHインタビュー 達人達に出演し(2013年8月3日)、 同年、『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村泰士氏 / なかにし礼氏を悼む

中村泰士氏が20日なくなった。 肝臓がん。81歳。 ちあきなおみの「喝采」と 細川たかしの「北酒場」で二度レコード大賞を受賞。 中村氏は私たち世代だと 「スター誕生」の審査員としての印象が強い。 中森明菜に99点を付けたのはいまや伝説。 他の審査員が低評価だったところ 結果的には氏一人が彼女の才能を見出していたことに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一峰大二氏を悼む

前月27日に亡くなられた。 脳出血及び大葉性肺炎。84歳。 幼い頃、叔父が持ってきてくれた 『黒い秘密兵器』を読んだ。 後年の『巨人の星』(梶原一騎/川崎のぼる)に 通じる話で、最後のかすみの魔球で手首をやられ 野球が出来なくなるのは大リーグボール3号に似ていた。 もちろん『黒い秘密兵器』の方が先に描かれている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小松政夫氏を悼む

コメディアンの小松政夫氏が亡くなった。 私は今59歳だが、私以上の年齢の方は シャボン玉ホリデーから 電線音頭、しらけ鳥音頭、小松の親分さん など伊東四朗氏とのコンビでの笑いなど リアルタイムで見てきたことだろう。 淀川長治のものまねや、「どーかひとつ」、「あんたはエライ!」、 「上手だね、上手だね、上手だね」等のギャ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野間哲先生亡くなる

湯河原高校、大船高校で顧問をされ 桐朋学園芸術短大の教授をされていた 野間哲先生が7日亡くなった。 のまさとる先生とは関東大会で4回ご一緒したことがある。 2009年(千葉大会)の「じゃがいも母さん」 2010年(茨城大会)の「アイ・ラブ・坊ちゃん」 2012年(山梨大会)の「新釈姥捨山」 2016年(東京大会)の「戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古谷修先生を悼む

古谷修先生が亡くなられた。 その報に接するのが遅れ 恩人の葬儀に参列できなかった。 平成4年、身延高校の十何年ぶりの自主公演に 「Please Mr. postman -冬木立の子守歌-」をかけた。 勘違いして良いできだと思い、古谷先生に上演ビデオを 送った。先生はけなすこともせず、代わりに全国大会の ビデオを送ってく…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最近の物故者 2020年10月

筒美京平氏 7日 誤嚥性肺炎 80歳 あの歌手のあの曲もこの曲も‥という昭和歌謡の作曲王。 総売上枚数7500万枚。作詞家の阿久悠氏と対をなす、或いはそれ以上の ヒット曲メーカーだった。〈歌謡曲〉という語が華々しく輝いていた時代の 特筆すべき存在。 森川正太氏 13日 胃癌 67歳 「おれは男だ!」「飛び出せ!青春」「俺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エディ・ヴァン・ヘイレン 逝く

エドワード・ヴァン・ヘイレンが死んだ。 癌。65才。今朝訃報に触れて絶句。 そしてこんなにショックを受けた自分にもショック。 ヴァン・ヘイレンをことさら聞いていた感じは自分でも していなかったが、やはり時代の中で聞いていたのだろう。 日本のミュージシャンを含め、世界中のギタリストに影響力を もったギタリストだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冨田耕生氏を悼む

冨田耕生氏が脳卒中で亡くなった。84才。 氏の仕事については語って語り尽くせるものではない。 アニメがこの世に生まれたときから声を当てていた 声優の一人である。 60年代生まれの私にとってはロボットアニメで 氏の声を聞かないときはなかった。 洋画のアテレコも数多く、 昭和を代表する声優の中の声優だ。 私的に言えば、ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内海桂子師匠の逝去を悼む

内海桂子師匠が亡くなった。97歳。 好江師匠との軽妙な掛け合いは絶品だった。 弟子である好江師匠に先立たれてからも 四半世紀現役で活動してこられた。 和服を着て三味線を抱え、都々逸を歌うことのできる 最後の芸人ではないか。 ウンナン、ナイツといった新しい才能を見いだし かたや舌鋒鋭く世相を語る まさに漫才師、芸人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山崎正和氏亡くなる

19日に悪性中皮腫のため亡くなった。86歳。 劇作家。 ただし私の個人的な印象から言うと 大学時代は『鴎外 闘う家長』の人。 教師になってからは『水の東西』の筆者のイメージ。 演劇に関わる身としては 「世阿弥」「実朝出帆」「オイディプス昇天」などの舞台を見るべきであった。 ご冥福をお祈りする。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

外山滋比古氏を悼む

外山滋比古氏が亡くなった。 胆管がん。96歳。 高校の国語教師である私にとって 外山氏は読むことがある意味義務づけられた 人だった。ビッグネームであった。 晩年も衰えることなく執筆を続け 大変な数の著書を世に送り出した。 軽やかで自由な筆致は 時に軽やかすぎることもあったが 味わいのある文章だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑田二郎氏を悼む

桑田二郎氏が亡くなった。85歳 桑田次郎の方がなじみがある。 言うまでもなく「8マン」の人であった。 線が美しく一見して氏の作品であることがわかる。 「ウルトラセブン」もよかった。 一峰大二氏とは岡友彦氏の兄弟弟子で 線に少し似たところがあったように思う。 一峰氏もヒーロー物のコミカライズの多い作家だが TVシリーズ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

弘田三枝子氏を悼む

弘田三枝子氏が亡くなった。 73歳。心不全。 幼い頃、安いレコードプレーヤーで 「ジャングル大帝/レオの歌」を 飽きることなくいつまでも聴いた。 オワーオワーオワーオワオワー・・・から 始まるあの名曲だ。 なんて迫力のある歌い方だろうと思った。 心地よかった。 歌っている歌手を心から尊敬した。 その弘田さんが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安田裕美氏を悼む

安田裕美氏が亡くなった。72歳。大腸がん。 アコスティックギターのスタジオミュージシャンでは 石川鷹彦氏と並び称される方だがどちらも北海道出身だ。 井上陽水、小椋佳といった 70年代フォークの名曲の陰には必ず氏の存在があった。 寂しくなる。 「帰れない二人」のイントロを聴きたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンニオ・モリコーネ氏を悼む

エンニオ・モリコーネが亡くなった。91歳。転倒して骨折したことから 体調を崩されたようだ。 「ニューシネマ・パラダイス」は演劇部の生徒に 必ず見るべき映画として今までも見せてきたし 今年の一高の新入部員にも見せたいと思っている。 あの映画の半分は音楽でできているといって過言ではない。 またこの楽曲を西高演劇部OBOG…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ジョージ秋山氏を悼む

77歳。死因は公表されてない。 氏の作品は、独自の世界観と、独自の線で描かれている。 誰にも真似できない。 その意味では、巨匠と呼ばれる誰とも違った ユニークな作家だった。 デロリンマンやパットマンX アシュラや銭ゲバ 浮浪雲やピンクのカーテン、恋子の毎日 ああいう話をああいう線で描く オリジナリティの凄さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志賀廣太郎氏を悼む

青年団の志賀廣太郎氏が4月20日に亡くなった。 誤嚥性肺炎。71才。 残念である。 1998年の「ソウル市民」が最初だと思う。 「南島俘虜記」、「もう風も吹かない」など。 もっと見ている気がする。 良い声なのに必要以上に自己主張しない。 こういうことができる人が役者なんだろうな と思わせる役者だった。 一方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子の命日

今日は息子の命日だった。 家内と娘、母と4人で夕方墓参りをする。 15時頃から雨との予報だったが 17時に行った時、何とか持っていた。 この日に雨になったことが殆ど無い。 息子が晴らしているのだと家族は思っている。 子どもを失った親は 死ぬまで自責の念から逃れられないと思う。 病気や事故、事件で子を失った親が 幸せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 最近の物故者

岸野一彦氏 2/21 俳優、声優 後藤淳一氏 2/24 声優 瀬畑奈津子氏 3/14 俳優、声優 …和田周氏の妻 宮城まりこ氏 3/21 俳優、歌手、福祉事業家 増岡弘氏 3/21 俳優、声優 藤原啓治氏 4/12 声優 久米明氏 4/23 俳優、声優 和田周氏 4/23 俳優、声優 小島一慶 4/23 アナウンサー …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大林宣彦氏を悼む

大林監督が亡くなった。肺がん。82歳。 なくなった10日は最新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』の 公開予定日だったがコロナのため延期になっていた。 尾道三部作がやはり印象深い 『転校生』小林聡美、『時をかける少女』原田知世、 『さびしんぼう』富田靖子 2000年代になって 大分三部作と銘打って 伊勢正三氏の名曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志賀勝氏を悼む

志賀勝氏が亡くなった。78歳。 「ピラニア軍団」の強面俳優。 しかしシャイでコミカルな面もあり 幅の広い役者だった。 「前略おふくろ様」(第2シリーズ)が印象深い。 考えてみるとこのドラマに出演していた 萩原健一、梅宮辰夫、八千草薫、坂口良子、 室田日出男、川谷拓三、三浦洋一など みな他界してしまった。 昭和の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志村けん氏を悼む

新型コロナウィルスによる肺炎で 志村けん氏が亡くなった。70歳。 日本のコメディアンの大御所と 目される志村氏のあまりにも急な死は 衝撃となって日本を駆け巡った。 彼の死はコロナウィルスへの警戒感を 否応なく引き上げた。 古い人間としては ドリフの荒井注のあとに ずいぶん若いのがはいってきたなぁ といった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別役実氏を悼む

別役実氏が亡くなった。 日本の演劇界にとって 彼の存在は特別だったと思う。 高校演劇でもよく上演された。 秩父農工など、高校演劇の舞台で見た 氏の作品を思い出す。 一つの時代が閉じられた。 そんな感じがする。 つかこうへいが死んだときとも 蜷川が死んだときとも違う。 独特な感じだ。 ご冥福をお祈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂口芳貞氏を悼む

文学座の坂口芳貞氏が亡くなった。 高校演劇の指導の場面でお世話になった。 桜美林大学で平田オリザ氏の後を引き受けられた時にも 生徒の進学のことでお話を伺ったことがある。 穏やかな優しい印象であった。 舞台でも声優としても欠くことのできない名優である。 残念でならない。ご冥福をお祈りする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野村克也氏を悼む

野村克也氏が亡くなった 現役時代の頃はあまりにも幼くて 記憶はないが、ヤクルトの監督を していた頃のことは覚えている。 監督としてのすごさが際立つが やはり捕手で三冠をとるなど 選手としての才能もすばらしかったのだろうと思う 生き方がとても個性的で 存在感がすごかった ON時代に野球を見ていたが 野村氏は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

28回目の誕生日

死んだ息子の28回目の誕生日。 家内がケーキを焼き、母がごちそうを作り 3人で祝う。 本人がいなくなって22回目の誕生日となった。 プレゼントとして毎年1枚ずつ買ってきたCDも22枚目。 既に世の中はCDの時代ではなくなりつつあるが。 今年は西原健一郎氏の『Elastic Afterwords』
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more