テーマ:追悼

中村哲氏を悼む

この人にしてこの死なのか この人生にしてこの最期なのか なんと理不尽なことよ しかし中村氏の生き様と業績は 決して朽ちることはない 心からご冥福をお祈りする
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井上真樹夫氏を悼む

井上真樹夫氏が亡くなった。81才。 個人的には花形満。「星君!!」という声が今も耳に残る。 石川五右衛門。 キャプテンハーロック。 自分にとって正に声優というべき人の一人。 この世代の人が随分鬼籍に入られた。 寂しい。本当に寂しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都アニメーション放火事件に思う

ただただ悲しい。 罪のない人が炎と煙に巻かれて 非業の死を遂げたことが。 どうしてこんな事が起こるのか。 多くの人に夢や希望や勇気を与える 地道な仕事をしてこられた方が こんな事件に巻き込まれてしまう理不尽さ。 どこにこの思いを持って行けばいいのか。 なくなった方のご冥福を心からお祈りする。 日本のアニメ史…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

降旗康男氏を悼む

高倉健、田中裕子、いしだあゆみ そんなイメージ 何でもできそうな感じの人だが 最後は健さんを撮ることに専念したのかな。 ご冥福をお祈りします。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

加藤典洋氏なくなる

71才 知ったのが大学生以後なので 私の中ではまだまだ若い感じで 実際に若いのだが、もっと若いように感じていた 右でも左でもないポジショニングで その意味で個性的だった そうか、そんなに早く死んでしまうのか という素直な感想
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子の会

今日は息子と病室が同じだった二人の子の家族と 毎年行っている会の日だった。 20回目になるが、平成最後の会となった。 親は皆60歳前後になりつつあり 子どもも位目では二児の母だったり 26歳の青年になったりして 成長した。 今回初めて女の子の乳児が参加し 新たな生命に、一同が感激。 こうして時代は動いてゆく。 最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子の命日

今日4月27日には息子の命日。 今年もこの日がやってきた。 あっという間の1年である。 平成に生まれ平成で亡くなった彼には 令和は関係がない。 あの日はとてもよい天気で こんな悲しい日に なぜこんなに良い天気なのかと 思った記憶がある。 今日は曇りがちで肌寒く こんな天候はあまり記憶がない。 いつも晴れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小池一夫氏を悼む

小池一夫氏がなくなった。 82才。 先日、モンキー・パンチ氏が亡くなったときに ツイートされていたのに… 短期間に戦後マンガ界に大きな足跡を 残した人物を二人も失うのはショックだ。 小池一夫氏は長身だった。 ハードボイルドなのはそういうことも 関係するのかと思う。 多くの人に影響を与えた人で 後進を育てた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンキーパンチ氏を悼む

モンキーパンチ氏がなくなった。 81才。 北海道の人で同郷という親しみが常にあった。 「ルパン三世」は たぶんアニメの方が人口に膾炙していて 氏の原作の持つ雰囲気は むしろ知られていないのではないか。 カリオストロは宮崎駿のルパンであって 原作とは遠い。 興行成績が当時良くなかったが 同時に、コアなルパンファン(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島次郎氏を悼む

悪性リンパ腫だったそう。 73歳。 ついこの間、このブログで 『舞台美術1986-2018/島 次郎』の紹介をしたばかりだったので 驚きとともに残念でならない。 昨年12月、斎藤歩演出「ゴドーを待ちながら」で担当500本。 今年19年2・3月の木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」が最後の作品となった。 ’46年4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萩原健一氏を悼む

ショーケンが逝った。68才 「傷だらけの天使」水谷豊、岸田今日子、岸田森・・・ 「前略おふくろ様」室田日出男、川谷拓三、小松政夫、坂口良子、桃井かおり・・・ 「祭ばやしが聞こえる」いしだあゆみ、山崎努・・・ 「太陽にほえろ」石原裕次郎・・・ カッコ悪いのがカッコ良いという ぐだぐだなのがあの時代をよくあらわしていた …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ドナルド・キーン氏を悼む

母国ではない国の文学を愛し、 それを研究してひとかたならぬ業績を上げるという ことはどういうことなのだろうと思う。 古典から現代文学まで 幅広く日本の文学を研究し 世界に発信した。 あるいは日本人より 日本や日本文学の 何かを知っていたのかもしれない。 ご冥福をお祈りする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋本治氏を悼む

橋本治が亡くなった ショック 70歳は若い 肺炎 彼の本は相当読んだ 頭のいい人だった いろいろなことを知っていて それをいろいろな角度から 語ることのできる 本当に頭のいい人だった ショックだ
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

誕生日

今日は死んだ息子の27回目の誕生日。 例年通り家内がケーキを焼き これまた例年通り 1枚のCDを買う。今年で20枚目になる。 今年はKing Gnuの『Sympa』 生きていればもしかしたら 結婚して子どもがいる年かもしれない。 親子で酒を酌み交わしていたかもしれない。 私が毎年選ぶアルバムのセンスを どんな風…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒルダ逝く 市原悦子氏を悼む

12日、心不全のためなくなったという。 82歳。 「まんが日本昔ばなし」でも 「家政婦は見た!」でもなく 個人的には〈ヒルダ〉としての印象が圧倒的。 舞台を見てみたかった。 俳優座時代の。 ご冥福をお祈りする。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

樹木希林氏を悼む

樹木希林氏が亡くなった 幼い頃から テレビの画面で親しんだ女優だが (悠木千帆の頃から) いまやその存在は 一人の哲学者のようで 深みのある 誰にも到達できないような 芸風に至ったと思う 外連味のない語りの中に 役者のあるべき姿 人としてのあるべき姿を 押しつけではなく 感じることの出来る人だった …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

西城秀樹氏を悼む

小学校のころ「新御三家」と言われた3人が大活躍していた。 後から「中三トリオ」も加わって、アイドルの時代が到来する。 「情熱の嵐」「傷だらけのローラ」「ブーメランストリート」「YOUNG MAN」「ギャランドゥ」 どれも皆懐かしい。 オフコースの「眠れぬ夜」を歌ったときは「?」という気もしたが それも今となっては懐かしい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かこさとし氏を悼む

絵本作家のかこさとし氏が亡くなった。 「だるまちゃん」シリーズは死んだ息子の大好きで 愉しませていただいた。 単なる絵本と言うだけでなく 図解的な部分もあって この人はきっと理系だろうと思っていたが やはりそうだった。 絵のオリジナリティがすばらしく 新しくはないが しかし決して今通用しないということではなく 時代を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高畑勲監督 逝去

「ついにこの日が来た・・・」 それが朝5時半、スマホでニュースを見たときの 感想だった 氏についてなら いくらでも書くことが出来るだろう 何十・何百頁でも しかし今は何も書きたくない 氏が関わった作品の中で、心に残る題名を記して 今の思いに代える 「安寿と厨子王丸」「わんぱく王子の大蛇退治」「狼少年ケン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ホーキング博士 逝く

スティーヴン・ホーキング博士がなくなった。 76才だった。 車椅子の物理学者として知られた博士は、 ブラックホールの特異点定理を発表して注目された。 私も「ホーキング、宇宙を語る」を読んで宇宙の神秘に 思いをはせた一人である。 病気と戦いながら人間の知性の果てしない可能性を 世界に示し、勇気を与え続けた姿に心から敬…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

左とん平氏を悼む

また名バイプレーヤーが 一人旅立った。 空気のある役者さんが どんどん鬼籍に入られる。 残念だ。 「時間ですよ」や「西遊記」 「ヘイ・ユウ・ブルース」 昭和の懐かしく幸せだった時代の空気。 心からご冥福をお祈りします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大杉漣氏を悼む

大杉漣氏が急逝した。66才。 何でもこなす実力派俳優として 地位も評価も得た氏の あまりにも突然の死に 大きなショックと悲しみが広がっている。 太田省吾の転形劇場にいて 『水の駅』『地の駅』『風の駅』という いわゆる無言劇の三部作に出ている。 宮沢章夫の『ヒネミ』にも出ている。 どこかで舞台の氏を見ているのかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金子兜太氏 逝く

金子兜太氏が亡くなった。98才。 私は高校の国語教師なので1年に1回は俳句・短歌の授業をする。 教科書に載っている存命の俳人では一番長寿であったし 何よりもビッグネームであった。 加藤楸邨門下で「寒雷」同人。加藤楸邨は水原秋桜子についたが 飽き足らなくなって離れ「人間探求派」と呼ばれた。「寒雷」は多くの才能を 世に輩出し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

誕生日

今日は死んだ息子の26回目の誕生日。 毎年、家内がチョコケーキを焼き 私がCDを1枚買ってくる。 昨年はONE OK ROCKだった。 一昨年は星野源。 3年前はSEKAI NO OWARI。 いずれにせよ今年で26枚目だ。 で、今年は竹原ピストルの「PEACE OUT」 もう四半世紀が過ぎた 生まれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ル=グウィン氏 亡くなる

ル=グウィン氏が亡くなった。88才だった。 「ゲド戦記」を親戚からプレゼントされたとき 私はまだ小学生だったと思う。 今のように6冊セットではなく 4冊(3冊?)だったと思う。 〈名前〉にそんなに魔術的な力があるのかと 子供心に思ったものだ。 彼女はジブリの「ゲド戦記」を評価していなかった。 あるいはだまされたと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

西部邁氏の死

明日から山梨は20センチの積雪になるという予報。 にもかかわらず、とてもいい天気で明日から大雪? と疑わずにはいられない。 今日は朝から高演連70周年記念誌の発送準備で 忙しかった。 リストを作り、相手毎に添付する鑑が違うので それをコンピュータで作り 封筒の表書きをし、明日からの雪も気になるので 一冊ずつビニールに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狩撫麻礼氏を悼む

狩撫麻礼氏が亡くなった。70才だった。 まだ若い。 氏についてはこのブログでかつて 長文を書いたことがある。 「狩撫麻礼と『花の街』」http://jiasu-jiasu-jiasu.at.webry.info/201003/article_3.html 残念というよりショックが大きい。 心からご冥福をお祈り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星野仙一氏を悼む

私の亡くなった父は若い頃から中日ファンで 私自身も幼い頃から中日ファンだった。 巨人ファンが圧倒的に多かった北海道で 異端というべき中日ファンだった。 昭和49年のリーグ優勝。 巨人の10連覇を阻止した原動力は いつも吠えていて、巨人だけには絶対負けたくない男、 星野仙一だった。 彼は私の永遠のヒーローである。 N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早坂暁氏を悼む

早坂暁氏が亡くなった。88才だった。 氏の代表作は「夢千代日記」だと思うが 私の中では、太宰治を石坂浩二が演じた 「冬の花火」である。高校生だった。 当時下宿生活をしていた私は国文学科を 目指す文学青年の端くれだったので このドラマは真剣に見た。 白黒のポータブルテレビが部屋にあり その頃ですらカラーテレビ全盛だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more