テーマ:音楽

炎の宝物  BOBBY ・大野えり・今井美樹

名曲「炎の宝物(たからもの)」を歌う三人の女性シンガー どの楽曲が一番いいか 一番を決めるのが難しい オリジナルを歌っているという利点でBOBBY でも、多分歌は大野えりの方がうまい(BOBBYもうまいが) 第3位は今井美樹 彼女もうまいと思うが あの声質はこの歌を歌うのには必ずしも適していない と思う う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ずっとウソだった

斉藤和義(のそっくりさん)が自曲「ずっと好きだった」の歌詞を替えて セルフカバーした曲 (そっくりさんだから「自曲」でも「セルフカバー」でもないか・笑) 内容は原発について 昨日YouTubeにアップされた 今、かなりの速度で広がっている この曲を聴いて何を考えるかは それぞれだ しかし、一聴、一見の価値は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安全地帯 完全復活コンサートツアー2010 ~Start & Hits~ 松本公演 演奏曲リスト

昨年7月21日に行われたコンサートの演奏メニューを公開します。 もう時効だと思うので。 なお18番目の曲は記録しそこねました。すみません 曲名の後ろの「」は収録アルバムです。 安全地帯 完全復活コンサートツアー2010 ~Start & Hits~ 松本公演 演奏リスト 1 じれったい 「安全地帯Ⅵ」 2 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春のまぼろし

越智志帆の「春のまぼろし」は名曲だと思うが 何が良いと言って声が良いのである。 昔は街に出て、イイ声を聴くと声をかけたりしたぐらい 役者の命の一つは間違いなく声だ イイ声の役者がいるとそこから想像が膨らみ ドラマが始まる テーマ曲とかBGMを最初に決めて そのイメージで台本を書くこともある。 題名が浮かんで台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いきものがかり 活動停止に思う

賢い、というのが最初に浮かんだこと この人達はよーくいろんなことが分かっていると思う ある意味、今が絶頂であると思う このまま紅白で「ありがとう」歌って 活動も続けていれば 早晩、人気は凋落傾向をみせていたと思う 認知度が上がり、人気がまだ下がっていない時に 活動を休止するのはとても賢いやり方だし 楽曲の質の保持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いきものがかり論

最近、いきものがかりについて 様々なメディアで言われることが多い いいたくなる気持ちは分かる。 なにせ「伊勢正三論」を書きたいといっている私が 書きたくなるわけだから、その射程の長さはかなりのものだ。 この間、ライブに行ったときに再確認したが 客層はもの凄く広い。小学生かお年寄りまで そして、その誰も拒絶されない居心地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レナード・バーンスタインと佐渡裕

NHK教育の「こだわり人物伝」という番組(水曜22時25分~)で 今月は「バーンスタイン 愛弟子が語る」が放映されている。 今日は第三回。来週が最後になる。 第一回から見ているのだが 実にこの番組は面白い。 多くの人に見てもらいたい。 バーンスタインがどれほど凄い人だったかは 佐渡氏を見ればよく分かる つまりこの番組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRTUAL CONCERT 2003

ちあきなおみのアルバム。彼女が歌を歌わなくなって 10年ほど立ったときに作られたアルバム。 ライブ版であるが、タイトルにもあるように これはそう装ったもので、本当のライブを収録したものではない。 とても面白いアルバムである 高橋真梨子も歌のうまい歌手だと思う。 ふたりにはなにか共通点を感じる(生年月日もとう遠くない)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちあきなおみ

もしかしたら 私たちは彼女の生の歌声をもう聞けないかもしれないが それはそれでいいのかもしれないと 最近思う いろいろと取りざたされるので その尻馬にのったように思われるのは なんとなくシャクだが一言述べたい 歌がうまいというのは彼女のことだと思う なにを歌ってもその歌の持つ世界を表現できる 彼女がカヴァーした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いきものがかり 全国あんぎゃー!! ~ハジマリノウタ~ 甲府公演

今日は風邪気味ではあったが 娘と「いきものがかり」のライブにいってきた 実は、本来ならこのツアーは既に終わっているはずなのだが ローソンチケットが二重販売してしまった関係で 今日の甲府と明日の長野が追加公演という形で増えている 今日の客席は5月に二重販売の被害に遭った人もいただろうが そうでない人も多く、また県外からの来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安全地帯 完全復活コンサートツアー2010 ~Start & HIts~ 松本公演

松本に安全地帯のコンサートを聴きに行った。 妻への誕生日プレゼントとしてチケットを買った。 さて、会場のまつもと市民芸術館には 40代後半から50代の男女が集まっている 私より年上の人が多い。 みるからにおじさん・おばさんである。 コンサートが始まっても立ちそうもない感じの人が多い ところがあにはからんやである …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまなしが生んだ5人のDiva(歌姫)

「やまなしが生んだ5人のDiva」というコンサートに行ってきた。 場所は山梨県民文化ホール・小ホール。 実は、これに出演されている歌姫の一人、上田史香先生に 「にしえん」のチラシを折り込みませんかと声をかけていただいたのだ。 大変有り難かった。 チラシの折り込みは17時から小ホールのホワイエで。 東京公演の時はいろんな所に電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

REIMY 原田知世 ユーミン

今日からいよいよ7月である。 ということは昨日で2010年も半分終わったということか。 ちなみに明日は私の誕生日である…ただそれだけだが… 今時カセットが聴けるカーステを持っていると 学生時代に録り貯めた2000本近いカセットテープを聴きながら 走ることができる。有り難いことだ(純正のまま変えなかっただけなのだが)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西高OGOB公演用台本

今月も残すところ10日あまり。 月末が公演台本の締め切りである。 今の所、まだ一場しか書き上げてないのだが なんとなく先行きは見えている。 BGMとかを先に決めて、そのイメージで書いたりすることもある。 今回は安藤裕子の「隣人に光が差すとき」である。 前からこの曲のイメージや雰囲気を台本にしてみたいと 思っていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神山剛  桜咲く頃

この時期、桜の歌がよく聞かれる。 名曲と言われるものも多い。 昨年、このブログでかなりの数の「桜」にまつわる 曲を列挙した。 その大方は誰もが知っていたり 「桜」の曲ベスト20、なんて企画で必ず出るモノばかりなのだが その中で唯一 意外とマイナーかも、と思ったのが 神山剛の「桜咲く頃」だ。 私的には一番でもいいな、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LIVEの95%はマスターベーションである

思わぬ所で「さよならCOLOR」を聞いた あの曲のキモは 最後の「本当のことは見えてるんだろ」 だと思うんだが あんなにどこもかしこも過剰に歌ったら この部分も他と一緒になってしまう。 プロとアマの違いは ライブを自己満足に落とさない ギリギリの所で踏みとどまれるかどうか にある気がする。 というか そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やりたいと思うこと

やりたいこと 山下達郎の「メリーゴーランド」をメインテーマにした村上龍「コインロッカーベイビー,ズ」の映画化 山下達郎「ペーパードール」を主題歌にしたドラマの作成 浜田省吾「J.BOY」をメインテーマにした「J.BOY」という映画の作成 はやおとうじ作「Stand By Me」の映画化 やりたいことは無限にある
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J.BOY

1986年、私は社会人二年目。二十代半ばだった。 浜田省吾の名作「J.BOY」は二枚組LPとして発売された。 アルバムタイトルである「J.BOY」は名曲中の名曲であり 多くの人の心に焼き付いたチューンである。 それにしてもあれから何年たったのか。24年か… バブルに踊り、失われた10年があり 新世紀を迎えてはや9年が過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならあめりか、さよならにっぽん

はっぴいえんどが歌い 大友克洋が描き 30年以上前から みんなそう思っている さよならアメリカ さよならニッポン 僕たちはこのセリフを何度はいても このしみったれたニッポン国で アメリカの傘の下 文句も言いながら やっていくのか 核持ち込みしてないなんて白々い嘘を 知っていながら信じているフリをす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ETV特集「ピアニストの贈り物~辻井伸行・コンクール20日間の記録~」を見る

昨年11月に放映された番組が、先ほどNHKの総合で再放送されていたので 何気なく見たのだが、 これはもの凄いもので、感動というか 衝撃を禁じ得なかった。 まず思い出したのは、このブログでも二度書いたことのある アイザックスターンが宮崎でやっていたレッスンの記録。 あの一言一言が音楽という領域を越えて あらゆる芸術分野に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Stand BY Me その後

さて、夕べはもう一度良い演奏を聴きたくて Cafe Pastoriusに須川さんと松田さんの演奏を聴きに行った。 若いブルースギタリストの風間さんやパーカッション奏者の渡辺さんも 参加、マスターの金子さんのプロ級のベースも堪能して 日付が変わるまで楽しんだ。 こういう時間はとても貴重だと思う。 さてタイトルに書いた「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須川光&松田文昭ライブ

娘が所属しているゴスペルグループの本拠地甲府バプテスト教会に 昨夜ピアニストの須川光さんとブルースハープ奏者の松田文昭さんが いらしてミニコンサートをしてくれた。 久々にプロのテクニックを堪能した。 松田さんも須川さんの奥様もともに北海道出身ということで 話が盛り上がる。 それにしても 本物の演奏は心を揺さぶるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 関東大会への道③ Boyce Avenue

「Stand By Me」で劇終盤、法廷のシーンでかかる 『Bautiful Girls-Stand By Me(medley)』を演奏している Boyce Avenueについて。 彼らは大手レコードメーカーに所属していない。 というか、形のあるCDを出していないという点では インディーズということも出来ないかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THIS IS IT

娘と家内に誘われて「THIS IS IT」を見てきた。 感動した。 実は正直言ってあまり期待していなかった。 しかし、それは私の完全な思い違いだった。 改めて「King Of Pop」マイケルジャクソンの凄さを知った。 とにかくこの映画はすごい。普通メーキングというのは本編があって成立するわけだが ここにはメーキング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レス・ポール逝く

レス・ポールと言えばストラトやテレキャスといったフェンダーのギターと 双璧をなすギブソンのハンバッキングギターだ。 それを作ったレス・ポールがあの世に旅立った。 シングルコイルのギターに比べて中低音が厚い エフェクターをかけやすいギターだ。 表面の曲線と木目や色合いのきれいなギターで まさにソリッドというフェンダーのギタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケルジャクソン逝く

マイケルジャクソンが死んだ。 様々な意味で彼は象徴だった。 アメリカ・ホップス・メディアミックス… 不幸な人だと思う。寂しき王様だ。 でもスリラーをはじめて見たときのインパクトは本物だった。 心から冥福を祈る
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カヴァー・リメイク

カヴァーやリメイクが溢れるのは オリジナリティの欠如と言えないこともない そう言う時代はなかなかその時代の新味を出せない 端境期みたいなものか でもカヴァーの中にオリジナルに迫る、或いは オリジナルとは違う価値を生み出す物もある でも、オリジナルはオリジナルだという点ですでに カヴァーの決して到達し得ない領域に最初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君が思い出になる前に

追い求めた影も光も 消え去り今はただ 君の耳と鼻の形が いとおしい 好きになった人を嫌いになることがあるだろうか いや、あるだろうな。 でも そう言う場合 よく考えると 好きじゃなかったのかもしれない 愛しさ余って憎さ百倍 ということもあるかもしれないが 離れた人を嫌いになったり憎んだりするのは 多分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピッツの詞

アコギを小学校の6年から弾きはじめ 途中ベースをやったりもしたのだが 細々ながら今も弾き続けている。 まあ、年数だけ言えば30年以上弾いている。 その割りには、そんなに上手いとも言えないが しかし、決してヘタではないと思っている。 若い頃は100曲くらい曲を作り 歌って歩いたりしてた。 いろんな所で歌ったので様々な思…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アレンジ

同じ曲でもアレンジが違えば印象は全く変わる 一つの曲は何万というアレンジの可能性を持っている しかし、多くの場合、その中の一つかせいぜい二つが 人口に膾炙するわけだ ところが、そのアレンジで流布した曲は いつの間にかそのアレンジでないといけないような 一つの拘束性を持つに至る 一度定着したアレンジを変えて それを聴く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more