アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音楽」のブログ記事

みんなの「音楽」ブログ

タイトル 日 時
山下達郎氏 65才のバースデーおめでとう
山下達郎氏 65才のバースデーおめでとう ここ数日綱渡りするかのように 体調を保っているがやはり気を抜くと 一遍に持って行かれそうなくらい 良くはない ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/04 18:55
伊勢正三 LIVE2016 〜Then And Now〜 演奏曲一覧
伊勢正三 LIVE2016 〜Then And Now〜 演奏曲一覧 Bunkamuraオーチャードホール。17時00分〜19時30分 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/22 00:51
Sunday Bloody Sunday
Sunday Bloody Sunday 仕事の帰り、車の中でiPodから流れた曲。 イントロから吸い込まれるように聴く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/26 21:30
BOSTON JAPAN TOUR 2014
BOSTON  JAPAN TOUR 2014 昨日、武道館にBOSTONを聴きに行ってきた。 JAPAN TOUR もこれで最後ではないかと思ったので思い切った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/03 22:17
KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR2013-2014 “斉藤&和義” 甲府
KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR2013-2014 “斉藤&和義” 甲府 娘と斉藤和義のライブにいく。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/06 21:34
「オールナイトニッポンGOLDスペシャル〜ありがとう大瀧詠一さん」 内容
「オールナイトニッポンGOLDスペシャル〜ありがとう大瀧詠一さん」 内容 既に、MCやインタビュー部分はYouTubeにアップされている 昨日オンエアされたニッポン放送の 「オールナイトニッポンGOLDスペシャル〜ありがとう大瀧詠一さん NIAGARA Forever 」について その内容をお伝えしよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/07 20:16
「オールナイトニッポンGOLDスペシャル〜ありがとう大瀧詠一さん」 
「オールナイトニッポンGOLDスペシャル〜ありがとう大瀧詠一さん」  今日は仕事はじめ。しかし、職場は いやに寒かった。床から冷気が立ち上っている感じで 本当に冷えたてしまった。 それでも、今日やらねばならない仕事を それなりにこなす。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/06 19:41
大瀧詠一氏逝去
大瀧詠一氏逝去 信じられない。 「はっぴいえんど」「ナイアガラトライアングル」 「A LONG VACATION」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/31 18:24
笛吹高校フォークソング部 収穫祭ライブ
笛吹高校フォークソング部 収穫祭ライブ 今日、高校で「ふれあいフェスタ笛吹」という名で 収穫祭が行われた。 フォークソング部は、演奏で花を添えた。 5バンドの演奏を写真で紹介する ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/09 22:19
交響曲第1番 HIROSHIMA/佐村河内守
交響曲第1番 HIROSHIMA/佐村河内守 10月26日 19時00分 サントリーホール ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/30 23:30
夢は夜ひらく
夢は夜ひらく 藤圭子が自殺した。 彼女が一世を風靡したとき私はまだ小学生だったが(3・4年生) 「新宿の女」とか「夢は夜ひらく」は覚えている。 というかその頃のことは思い出せないものの、 歌詞は断片的にだが覚えていて歌える。それだけ流行したということだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/23 18:24
ケルティック・ウーマンの「アメイジング・グレース」
「アメージング・グレース」は様々な人が歌っていて、それぞれに味わいがある。 ホイットニーヒューストンやジュディコリンズ、ヘイリー、 日本人だと白鳥英美子 なくなった本田美奈子のも、彼女の一生と重なって 迫るものがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/05 22:28
ナイトウォーク
ナイトウォーク いよいよ煮詰まったので 夜、音楽を聴きながら歩くことにした ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/25 22:48
久石譲
久石譲 宮崎駿の今を考えるとき はずして考えられない人物が何人かいる と思うのだが、その一人に久石が入ると思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/27 20:44
桜井センリ氏を悼む
桜井センリ氏を悼む クレージーのメンバーがまた一人 逝ってしまった。 巷間伝えられているように「孤独死」という ことならばあまりにも寂しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/13 20:50
キドン・クレーメル
キドン・クレーメル 3日の文化の日にサントリーホールに 「サントリーホール スペシャルステージ キドン・クレーメル」 を聴きに行く。クレメラータ・パルティカというクレーメルによって 結成された室内アンサンブル、それにチェロのギードレ・ディルヴァナウスタイテが 共演している。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/05 22:38
佐藤博氏を悼む
佐藤博氏を悼む キーボード奏者でピアニストの佐藤博氏が亡くなった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/27 18:04
PSY・S
9月〜10月は、忙しい。 公演も3つ 〆切のある原稿が2つ なにより中間論文 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/09 21:56
「ぴあ 山下達郎"超"大特集!」届く
「ぴあ 山下達郎"超"大特集!」届く 月命日の墓参りの帰りに 一高に寄ってみたらオフだったらしく 百周年は空だった。 Y先生が出張だと聞いていたので オフにしたのかな。昨日のオフはいいとして この時期二日続けて休んで大丈夫?と思ったが… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/27 20:52
山下達郎 OPUS ALL TIME BEST 1975-2012
山下達郎 OPUS ALL TIME BEST 1975-2012 達郎のベストが今日アマゾンから届く。 相変わらず、CD一つにどでかい箱で届く。 失笑するも、この箱なら安心度100%だと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/26 22:07
WORLD ODER LIVE 2012
WORLD ODER LIVE 2012 東京国際フォーラム ホールAに 須藤元気の「WORLD ODER LIVE 2012」を見に行く ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/11 23:30
笛吹高校フォークソング部公開オーディション
笛吹高校フォークソング部公開オーディション 今日は22日の学園祭に出場するバンドを決定する オーディション。これを公開にして一般の生徒にも 見てもらった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/04 21:28
THAT'S WHAT THEY SAY
THAT'S WHAT THEY SAY BUDDY HOLLYを聴いている。 眼鏡のロックンローラー 世界中の多くのミュージシャンが憧れ コピーした憧れの人 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/23 21:30
笛吹高 フォークソング部 部員に会う
笛吹高 フォークソング部 部員に会う 雨の降る中、文化創造館の二階に フォークソング部を訪ねる。 部員と会うのは今日が初めてだ。 それにしても「フォークソング部」である。70年代か? 笛吹高の前身石和高出身のレミオロメンを輩出した 伝統の部名なのか? 「軽音」でいいような気も ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/11 21:39
雨の物語
雨の物語 今日は雨だった ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/23 22:29
シンディローパー
シンディローパー 昨年震災の時にも日本にいて 今年も被災地に行くなど 日本を励ましている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/13 18:28
伊勢正三 60th Annversary Live 〜Shoyan's History〜 感想
伊勢正三 60th Annversary Live 〜Shoyan's History〜 感想 行ってきました。NHKホール。 16時10分の開場時間には開かず、15分くらい待ったかな。 私の前に並ぶ人びと。男の方が多い気がした。 後頭部の薄くなった人。白髪の人。50代から60代くらいの人たちだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/04 23:01
Rock'n Roll Widow
最近、山口百恵さんに凝っていて 中でも「ロックンロールウィドウ」が好きです。 いろんな人がカヴァーしてますが 宇崎竜童さんと井上尭之さんと杏子さんのがいいと思います。 あとGENTLE 3(宇崎竜童さん、岩城滉一さん、世良公則さん)のもかなりいい。 聴いたことないひとは聴いてみてください。 http:// ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/19 21:56
不滅の恋 ベートーヴェン
不滅の恋 ベートーヴェン 第九のシーズンである。 先だってすみだトリフォニーホールに 佐渡裕指揮の東京フィルハーモニー交響楽団創立100周年記念特別演奏会 「第九」を聴きに行った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/26 21:08
炎の宝物  BOBBY ・大野えり・今井美樹
炎の宝物  BOBBY ・大野えり・今井美樹 名曲「炎の宝物(たからもの)」を歌う三人の女性シンガー どの楽曲が一番いいか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/26 10:49
ずっとウソだった
斉藤和義(のそっくりさん)が自曲「ずっと好きだった」の歌詞を替えて セルフカバーした曲 (そっくりさんだから「自曲」でも「セルフカバー」でもないか・笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/07 12:29
安全地帯 完全復活コンサートツアー2010 〜Start & Hits〜 松本公演 演奏曲リスト
安全地帯 完全復活コンサートツアー2010 〜Start & Hits〜  松本公演 演奏曲リスト 昨年7月21日に行われたコンサートの演奏メニューを公開します。 もう時効だと思うので。 なお18番目の曲は記録しそこねました。すみません 曲名の後ろの「」は収録アルバムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/16 10:00
春のまぼろし
春のまぼろし 越智志帆の「春のまぼろし」は名曲だと思うが 何が良いと言って声が良いのである。 昔は街に出て、イイ声を聴くと声をかけたりしたぐらい 役者の命の一つは間違いなく声だ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/06 12:43
いきものがかり 活動停止に思う
いきものがかり 活動停止に思う 賢い、というのが最初に浮かんだこと この人達はよーくいろんなことが分かっていると思う ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/10 22:41
いきものがかり論
いきものがかり論 最近、いきものがかりについて 様々なメディアで言われることが多い いいたくなる気持ちは分かる。 なにせ「伊勢正三論」を書きたいといっている私が 書きたくなるわけだから、その射程の長さはかなりのものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/04 11:54
レナード・バーンスタインと佐渡裕
レナード・バーンスタインと佐渡裕 NHK教育の「こだわり人物伝」という番組(水曜22時25分〜)で 今月は「バーンスタイン 愛弟子が語る」が放映されている。 今日は第三回。来週が最後になる。 第一回から見ているのだが 実にこの番組は面白い。 多くの人に見てもらいたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/20 23:02
VIRTUAL CONCERT 2003
VIRTUAL CONCERT 2003 ちあきなおみのアルバム。彼女が歌を歌わなくなって 10年ほど立ったときに作られたアルバム。 ライブ版であるが、タイトルにもあるように これはそう装ったもので、本当のライブを収録したものではない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/11 20:36
ちあきなおみ
ちあきなおみ もしかしたら 私たちは彼女の生の歌声をもう聞けないかもしれないが それはそれでいいのかもしれないと 最近思う ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/10 01:18
いきものがかり 全国あんぎゃー!! 〜ハジマリノウタ〜 甲府公演
いきものがかり 全国あんぎゃー!! 〜ハジマリノウタ〜 甲府公演 今日は風邪気味ではあったが 娘と「いきものがかり」のライブにいってきた 実は、本来ならこのツアーは既に終わっているはずなのだが ローソンチケットが二重販売してしまった関係で 今日の甲府と明日の長野が追加公演という形で増えている ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/28 22:34
安全地帯 完全復活コンサートツアー2010 〜Start & HIts〜 松本公演
安全地帯 完全復活コンサートツアー2010 〜Start & HIts〜 松本公演 松本に安全地帯のコンサートを聴きに行った。 妻への誕生日プレゼントとしてチケットを買った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/21 23:51
やまなしが生んだ5人のDiva(歌姫)
やまなしが生んだ5人のDiva(歌姫) 「やまなしが生んだ5人のDiva」というコンサートに行ってきた。 場所は山梨県民文化ホール・小ホール。 実は、これに出演されている歌姫の一人、上田史香先生に 「にしえん」のチラシを折り込みませんかと声をかけていただいたのだ。 大変有り難かった。 チラシの折り込みは17時から小ホールのホワイエで。 東京公演の時はいろんな所に電話してキャスターのついた バッグにチラシを入れて東京中を歩き回ったが それ以来の本格的な折り込みだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/16 21:52
REIMY 原田知世 ユーミン
REIMY 原田知世 ユーミン 今日からいよいよ7月である。 ということは昨日で2010年も半分終わったということか。 ちなみに明日は私の誕生日である…ただそれだけだが… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/01 23:21
西高OGOB公演用台本
西高OGOB公演用台本 今月も残すところ10日あまり。 月末が公演台本の締め切りである。 今の所、まだ一場しか書き上げてないのだが なんとなく先行きは見えている。 BGMとかを先に決めて、そのイメージで書いたりすることもある。 今回は安藤裕子の「隣人に光が差すとき」である。 前からこの曲のイメージや雰囲気を台本にしてみたいと 思っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/19 21:52
神山剛  桜咲く頃
神山剛  桜咲く頃 この時期、桜の歌がよく聞かれる。 名曲と言われるものも多い。 昨年、このブログでかなりの数の「桜」にまつわる 曲を列挙した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/03 12:16
LIVEの95%はマスターベーションである
LIVEの95%はマスターベーションである 思わぬ所で「さよならCOLOR」を聞いた ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/21 23:26
やりたいと思うこと
やりたいと思うこと やりたいこと 山下達郎の「メリーゴーランド」をメインテーマにした村上龍「コインロッカーベイビー,ズ」の映画化 山下達郎「ペーパードール」を主題歌にしたドラマの作成 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/18 22:44
J.BOY
1986年、私は社会人二年目。二十代半ばだった。 浜田省吾の名作「J.BOY」は二枚組LPとして発売された。 アルバムタイトルである「J.BOY」は名曲中の名曲であり 多くの人の心に焼き付いたチューンである。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/17 23:18
さよならあめりか、さよならにっぽん
さよならあめりか、さよならにっぽん はっぴいえんどが歌い 大友克洋が描き 30年以上前から みんなそう思っている ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 23:55
ETV特集「ピアニストの贈り物〜辻井伸行・コンクール20日間の記録〜」を見る
ETV特集「ピアニストの贈り物〜辻井伸行・コンクール20日間の記録〜」を見る 昨年11月に放映された番組が、先ほどNHKの総合で再放送されていたので 何気なく見たのだが、 これはもの凄いもので、感動というか 衝撃を禁じ得なかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/11 17:11
Stand BY Me その後
Stand BY Me その後 さて、夕べはもう一度良い演奏を聴きたくて Cafe Pastoriusに須川さんと松田さんの演奏を聴きに行った。 若いブルースギタリストの風間さんやパーカッション奏者の渡辺さんも 参加、マスターの金子さんのプロ級のベースも堪能して 日付が変わるまで楽しんだ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/07 16:43
須川光&松田文昭ライブ
娘が所属しているゴスペルグループの本拠地甲府バプテスト教会に 昨夜ピアニストの須川光さんとブルースハープ奏者の松田文昭さんが いらしてミニコンサートをしてくれた。 久々にプロのテクニックを堪能した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/06 15:59
一高演劇部 関東大会への道B Boyce Avenue
「Stand By Me」で劇終盤、法廷のシーンでかかる 『Bautiful Girls-Stand By Me(medley)』を演奏している Boyce Avenueについて。 彼らは大手レコードメーカーに所属していない。 というか、形のあるCDを出していないという点では インディーズということも出来ないかもしれない。 彼らはiTuneで音を配信しYouTubeで映像を公開しているだけだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/26 13:47
THIS IS IT
娘と家内に誘われて「THIS IS IT」を見てきた。 感動した。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/01 21:15
レス・ポール逝く
レス・ポールと言えばストラトやテレキャスといったフェンダーのギターと 双璧をなすギブソンのハンバッキングギターだ。 それを作ったレス・ポールがあの世に旅立った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/14 21:05
マイケルジャクソン逝く
マイケルジャクソンが死んだ。 様々な意味で彼は象徴だった。 アメリカ・ホップス・メディアミックス… 不幸な人だと思う。寂しき王様だ。 でもスリラーをはじめて見たときのインパクトは本物だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/26 21:59
カヴァー・リメイク
カヴァーやリメイクが溢れるのは オリジナリティの欠如と言えないこともない そう言う時代はなかなかその時代の新味を出せない 端境期みたいなものか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/12 00:01
君が思い出になる前に
追い求めた影も光も 消え去り今はただ 君の耳と鼻の形が いとおしい ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/08 22:41
スピッツの詞
アコギを小学校の6年から弾きはじめ 途中ベースをやったりもしたのだが 細々ながら今も弾き続けている。 まあ、年数だけ言えば30年以上弾いている。 その割りには、そんなに上手いとも言えないが しかし、決してヘタではないと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/03 23:34
アレンジ
同じ曲でもアレンジが違えば印象は全く変わる 一つの曲は何万というアレンジの可能性を持っている しかし、多くの場合、その中の一つかせいぜい二つが 人口に膾炙するわけだ ところが、そのアレンジで流布した曲は いつの間にかそのアレンジでないといけないような 一つの拘束性を持つに至る ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/18 22:22
スピッツとレミオロメン
似てる。 というかスピッツの遺伝子をレミオロメンが どんな形にせよ受け継いだということだと思う。 でも、両方のファンは「似てない」というに違いない。 特にレミオロメンのファンは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/15 23:35
弔辞
良い弔辞を読んでもらえる人は幸せだと思う。 本当に故人を知り、その思いに迫れる人しか弔辞は読めない。 まず、その立場になくては弔辞は読めないと思う。 でもその立場にあったからといって必ず良い弔辞が読めるとは限らない。 読む人の感性や表現力も必要だから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/09 18:07
「ラストショー」の中のアメリカ
浜田省吾の名曲「ラストショー」の中のアメリカ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/07 21:19
忌野清志郎氏逝去
波乱含みだった今日の終わりは このとてつもない訃報であった ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/02 23:57
安藤裕子とキャロルキング
最近は安藤裕子をよく聞く。 9月公演のBGMを考えていて 彼女の雰囲気がいいかなと思っている。 「隣人に光が差すとき」が第一候補。 このPVも好きだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/28 10:43
山下達郎氏についてA
前回は私が大学に入った頃、まだ山下氏がブレイクしていない頃まで話だった。 今日はその後の話… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/03 21:37
桜 名曲集
コブクロ / 桜 ケツメイシ / さくら アンジェラ・アキ / サクラ色 河口恭吾 / 桜 松たか子 / 桜の雨、いつか 神山剛 / 桜咲く頃 レミオロメン / Sakura いきものがかり / SAKURA 福山雅治 / 桜坂 川本真琴 / 桜 森山直太朗 / さくら(独唱) つじあやの / 桜の木の下で FUNKY MONKEY BABYS / 桜 aiko / 桜の時 ザ・コブラツイスターズ / サクラサク bird / 桜 宇多田ヒカル / SAKURAドロップス 中島美嘉 / 桜色舞... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/02 23:02
コブクロ 風
名曲である。 失恋の歌という人がいるが それ以上だと思う。 桜にまつわる忘れてはいけない一曲だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/26 22:50
山下達郎氏について@
はじめて達郎を聴いたのは今から30年前 札幌で聴いた。 高校一年の時に父が転勤になり、私だけ下宿することになった。 藻岩山ロープーウェイというのがあって、その出発点近くの長谷川さんという 下宿だった。何人くらい下宿人がいたのか8人とか9人だったかな。 あまり覚えていないのは自分だけが1階の部屋で残りの人全部は2階だったから。 同じ高校の人は一人しかないくてあとはみな他校の人や予備校生、大学生だった。 みんな先輩で一番年下だったように思う。 2階の奧に川崎先輩というバンドをやっている人がいた。 彼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/08 21:31
2月28日(土)NHKホール 山下達郎 PERFORMANCE 2008-2009  PART2
さて、コンサートの感想を書きます。 6年ぶりのツアーということで、もう慣れっこだが 日本のボストンを目指すのかという感じでアルバムもツアーも 待ってるファンをやきもきさせるいつもの達郎でした。 今回は大阪フェスティバルホールの閉館ということに端を発した ツアーなので、新譜のプロモートという面はない。 そこでコンサートの選曲も懐かしどころが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/02 18:19
2月28日(土)NHKホール 山下達郎 PERFORMANCE 2008-2009
もう昨日のことになってしまったが達郎の6年ぶりのライブに 娘をつれて行ってきた。 このツアーは4月まであるのでネタバレはどうかと思うが 感想など書いてみたい。 実は山下達郎氏についてはたくさん書きたいことがある。 今回13才の娘を連れて行ったのにも私なりのわけがあるのだ。 それらも含め、断続的に5回くらいの連載で山下達郎について語りたいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/01 00:08
石川さゆり
石川さゆりが好きだ かなり前から なぜかというと 凜 としているから ラッドウィンプスを聴くのと 同じように石川さゆりも聴く ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/12 23:40
DON DOKKEN -UP FROM THE ASHES-
ドン ドッケンが好きだ。 隠れHM/HRファンである。 夜、高速を走る時、何をかけるか。 都会風にAORとか、フュージョンとか、ジャズとか そういう選択はあるだろう。 ポップスという選択は多分ない。 しかし、私は迷わず(というかここ十何年も)ドン ドッケンしか聞いてない。 唯一のアルバム「UP FROM THE ASHES」を飽きもせずに聴く。 ドッケンも何枚か持っているが、なぜかドン ドッケンしか聴かない。 このあまり売れなかったアルバムは 私の生涯聴いた中で3本の指には入る名盤である。 なぜ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/27 19:56
インパクト〜横光利一の「機械」とエヴァと「ほしのこえ」
昭和初年、新感覚派の旗手だった横光利一が新心理主義的作風の 「機械」を発表したとき、文学的立場では後輩にあたる伊藤整は 出たばかりの「改造」という雑誌を歩きながら読み、「やられた、やられた」と 思ったそうだ。自分たちが力不足でまだできないうちに この先輩作家は力技でそれをやってしまった。 先を越されたという思いと、新しい文学の波を直に感じて 息苦しいほどだったのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/19 20:18
一本のカセット
「一杯のかけそば」みたいな題で恐縮だが 私の手元に一本のカセットテープがある。 『Nov.13.1975』と書いてあるので33年前に録音されたものだ。 入っているのはA面が「かぐや姫フォーエバー」でB面が「ビートルズフォーエバー」である。 中学校の時の友達のT君が録ってくれた。正確にいうと彼のお兄さんが録ってくれたのである。 T君とはそんなに仲が良かったという程ではなかった。どうしてテープを録音してもらったかの 細かい経緯は正直忘れてしまった。フォークソングに興味を持ち始めて、そんな話の中で じ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/01 20:00
宇野重吉とアイザック・スターン
昔、よくしたこと。 公演日が迫ってもなかなか芝居が良くならない時に見せるビデオが二本あった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/20 21:49
海風/風
風の「海風」は多分、正やんの作った楽曲の中でもっともセンセーショナルな 一曲であった。と同時に間違いなく彼のもっとも優れた作品の一つである。 三枚目のアルバム「windless blue」から所謂フォーク調を脱しつつあった「風」は 同じかぐや姫出身の南こうせつとは全く違う音楽路線を歩んでいく。 かぐや姫はこうせつ中心のグループであり、パンダさんや正やんは脇を固める 存在のように思われがちだ。しかし、今振り返ると音楽性を常に追求し 変化していったのはまぎれもなく正やんであり、新しい楽曲がヒットした... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/18 21:42
NOKKOの声
前にイルカのことを書いたとき、その声が30数年前には新鮮だったと言った。 声はシンガーにとっては最も重要なファクターである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/14 20:19
ダンスの練習(ZOO→EXILE)
芝居の稽古のメニューとしてダンスをするのだが ダンスには詳しくないので、要するにビデオを見て完コピするという 極めて乱暴なことをしている。 15・6年前にはZOOのゴージャスを踊っていた。 最近までそれやっていたが、ZOOの全盛期にはまだ生まれていなかった 人も増えてきたので、EXILEにしてみた。 しかし、これは予想できることだが、殆ど同じようなものである。 Choo Choo Trainにしたのだが、これはZOOが本家であろうから ダンスも似ている。 今回、改めてZOOの1991・92・93... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/13 21:52
もう一つの土曜日
浜田省吾の名曲である。 彼の歌にはこの曲のように彼氏のいる女性を見つめる男の子とか かつて振られてた相手である女の子が 今は失恋して傷心しているのを見つめているとか ちょっと変わったシチュエーションの歌が多い。 この場合、登場人物は最低3人はいるわけだが、 問題になるのは自分と相手の女の子なので 第三者である今付き合っている男とか 自分をかつてふった女の子をふった男は 具体的には登場してこない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 00:21
サラダの国から来た娘
イルカの名曲である。 「わたしあなたのところにお嫁にきました」と歌う人が 今では孫までいるというのは時の早さに驚きだが イルカの最もイルカらしい歌の1つだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 22:17
さだまさしの詞
正やんについて書いたので さだまさしについても書こうと思う。 しかし、実はそんなに聴いていない。 ただ、若かった頃、 その当時のひとつの常識として というか教養として何曲か聴いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 07:09
置手紙
隠れた名曲という言葉があるが 名曲は常に隠されている、というのが本当の所ではないだろうか。 正やんに「置手紙」というかぐや姫時代の曲があって ファンにはとっては隠れもない名曲であるが 多くの人にとってはやはり「隠れた名曲」ということになるのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/09 21:30
アウラ(本物は目の前で)
音楽の話で言えば スタジオで、 計算し、 最高のテイクで、 バランスもとって緻密に録音し、 トラックダウンされた曲は その時点で完璧といっていい仕上がりになっている。 でも、その曲を そのアーティストが たった一台のギターや たった一台のピアノで 弾き語ったとき また違った感動が私たちを襲うものである ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/06 08:46
雨の月曜日
何週か続いて雨の月曜となっている 雨の歌には好きな曲が多い 達郎の「レイニーウォーク」や「2000トンの雨」、「スプリンクラー」 風の「通り雨」 柳ジョージの「雨に泣いてる」なんかもいい ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/06 07:48
リチャード・ライト死す
ピンクフロイドはウォーターズとギルモアの対立など だんだん政治的に複雑になって ちょっとついて行けなくなってしまった。 シドが死んで何となくよりが戻りそうだったけど うまくいかなかった。 考えてみるとライトはどのシーズンにも関わっていた。 そういう人は貴重だったと思うが… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/16 17:31
君は僕のなにを好きになったのだろう 2
この曲について書くのは二度目になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/13 15:55
君は僕のなにを好きになったんだろう
斉藤和義の名曲である。 何度でも聞ける。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/04 14:05
ベリーベリーストロング
斉藤和義の『歌うたい15 SINGLES BEST 1993-2007』が今月の初めに届いて じわじわ聞いている。じわじわというのはかみしめながら少しずつということだが。 古い曲しか知らない自分であったが、最近のにも良い曲はたくさんあった。 特に『ベリーベリーストロング』は名曲である。泣きそうになった。 伊坂幸太郎氏の小説『アイネクライネ』へのオマージュ的な作品らしい。 残念ながら小説は読んでいないが、この曲を聴けば、小説の方も素晴らしい のではないかと想像できる。 それにしても、歌でここまで人... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/24 20:22
水色のスカラー(水色スカラー) 2
水色のスカラー(水色スカラー)は村治佳織の他に 1994年9月に山下和仁が「風色ベクトル」BVCC-673の中に 1997年8月に福田進一が「優しき玩具」COCO-80633の中に 収録しています。 三人の聞き比べをしたいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/25 22:30
水色のスカラー
吉松隆の「水色のスカラー」は名曲である。 村治佳織が「Lumieres」で弾いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/25 07:24
「歌うたいのバラッド」と「Layla」
斉藤和義の「歌うたいのバラッド」の最後の方は、「Layla」の最後の方に似ている。そこが好きだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 11:34
松本哲也の「雫」とJULEPSの「皆既日食」の関係
どういうものか。「ヤッターマン」の新しいエンディング曲「皆既日食」を聞いた瞬間、 これはどう聴いても、松本哲也氏の「雫」ではないか。盗作? と思い、いろいろネットなどであたってみた。 どうもハッキリしない。松本氏が楽曲を提供したのか? 秋元康が詩を載せ替えているのはどういうことなのだ。 松本氏のファンの人で今回のことを喜んでいる人もいるみたいだが… 私的には、松本氏の楽曲の中でも一・二を争うほど好きなこの曲が こんな形でカバーされるのは正直いって賛成できない。 歌詞だってオリジナルの方が絶対にい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/05/19 20:10
斉藤和義の詩
斉藤和義が好きである。 8月6日に「15周年記念オールタイム・シングルズ・ベストアルバム『歌うたい15』SINGLES BEST 1993〜2007」という3枚組のアルバムが発売になる。 彼の詩が好きだ。メロディーもアレンジも好きだ。 詩で好きなのは「幸福な朝食 退屈な夕食」「君の顔が好きだ」 アレンジで好きなのは「老人の歌」「何となく嫌な夜」「レノンの夢も」 トータルで好きなのは「彼女」「歌うたいのバラッド」「月影」 古い歌ばかりだけど。 8月6日が楽しみだ。 日本の音楽シーンもこういう人を生... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/06 20:09
「風」コンサート中止
4月18日東京ドームシティ JCBホールで予定されていた「伊勢正三LIVE2008〜Featuring 風〜」は大久保一久氏の体調不良の為中止された。4月1日のリハーサル終了後、久保やんが脳血管障害のため救急車で運ばれ、緊急手術を受けたとのこと。手術は成功したものの、状況から判断して今回のコンサートは中止することを決断した、という知らせが今日の午後はいった。 残念ではあるが、中止はやむを得ないかな、と思う。この日を心待ちにし、というより、生きる支えとしてきた私としては、残念でたまらないが…、「や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/07 19:50
合唱
子供の卒業式に行ってきた。最初の子を失ったため、高校・中学校はもとより、小学校の卒業式というのも今まで出たことがなかった。随分年をとってから小学校の卒業式というのに参加したことになる。 次第の中に「呼びかけ」、「合唱」というのがあった。小学校はこういう卒業式だったのか。自分のことなどもう思い出すこともできないのだが、こんなことをしたのだろうか…。 合唱はとても心に響いた。人の歌声というのは、とても力があると思う。 ある目的をもってある集団を導こうとするとき、もっと乱暴にいって、ある目的をもって集... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 22:10
グッタイムミュージック
斉藤哲夫の「グッタイムミュージック」は名曲である。あの時代にこのセンスでこの歌を歌っていた彼の才能は大いに評価されるべきである。 彼の歌の魅力はその「声」である。しかし、声は年とともに衰えるものある。前に書いた伊勢正三氏もコンサートで「よく昔の声で歌ってくださいと言われるけど、それは無理なんでね」的なことを言っていた。 しかし悲しむことなかれ。我々は「複製技術時代」に生きている。「複製技術時代の芸術」の最たるものであるレコード・CDがあるではないか。あの伸びのある声で歌っている「グッタイムミュー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/02 23:54
アル・ディ・メオラ
前回は伊勢正三氏について書いた。その後、私はフォークから離れて洋楽を聞くようになった。プログレの時代で、キングクリムゾンやELPなんかを勧められて聞いていた。ELPの『展覧会の絵』の「賢人」を初めて聞いたときのことを思い出す。友達が私の下宿に来て、私の安いアコギでこれを演奏してくれたとき、同じギターでも弾く人間でこうも変わるものかと感嘆したことがある。その後は節操なくなんでも聴いた。ミカバンドや四人囃子、はっぴぃえんど、シュガーベイブなども聴いた。クリエーションやショーグン、スペクトラムも聴いた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/22 22:26
伊勢正三氏のこと
私は札幌生まれの札幌育ちである。今は北海道を離れて20年になるが、やはり札幌は好きな街だ。札幌の街で十代を生きた。最初はフォークソングに染まり、自分でもギターを弾いたりしたものだ。「風」が好きでよく聞いた。伊勢正三氏と大久保一久氏のデュオだった。久保やんの歌も好きだったが、影響を受けたのは正やんの詩であった。 伊勢氏は九州の人だと思う。大学に入学するために上京したのであろう。私は伊勢氏が描く「東京」が好きだったし、東京を知らない私にとって彼の詩に描かれた世界が「東京」だった。 いつか伊勢正三論を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/20 22:06

トップへ | みんなの「音楽」ブログ

ジアス演出部 音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる