テーマ:音楽

竹原ピストル IT'S MY LIFE LIVE TOUR 2019-2220 IN 甲府

今日は竹原ピストルのLIVEを県民文化ホールで。 大ホールだったが、PAを客席のかなりステージ側につくって 空間を区切っていた。 ギター一本で2時間。胸に迫るLIVEだった。 照明はC8系の平凸のサス灯り 動きを止めたムービーング 少しのフロント、シーリング 竹原氏の下半身以下をねらったSS といったきわめてシンプル…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

山下達郎氏 65才のバースデーおめでとう

ここ数日綱渡りするかのように 体調を保っているがやはり気を抜くと 一遍に持って行かれそうなくらい 良くはない 今日は母の漢検があり 山梨学院大学に送迎をしたりしていた。 今日は山下達郎氏の65才の誕生日 40年前に達郎氏の音楽に出会い 私の人生は相当影響を受けたと思う LIVEでクラッカーもずいぶん鳴らした …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢正三 LIVE2016 ~Then And Now~ 演奏曲一覧

Bunkamuraオーチャードホール。17時00分~19時30分 【演奏曲】 1 スモークドガラス越しの景色 2 なごり雪 -MC- 3 置手紙 4 湘南、夏 -MC- 5 あの唄はもう歌わないのですか 6 北国列車 7 通り雨 8 22才の別れ -メン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sunday Bloody Sunday

仕事の帰り、車の中でiPodから流れた曲。 イントロから吸い込まれるように聴く。 U2の名曲である。『WAR』(1983)所収。 この曲は北アイルランドで1972年1月30日に起こった イギリス軍が市民を殺傷した「血の日曜日」事件を歌ったものだ。 あれから40年以上たったが、世界で流れる理不尽な血は 止むことがな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOSTON JAPAN TOUR 2014

昨日、武道館にBOSTONを聴きに行ってきた。 JAPAN TOUR もこれで最後ではないかと思ったので思い切った。 開演2時間前に行ったのだが、50代から60代の髪の薄くなった かつてのロックキッズたちでグッズ売り場は埋めつくされていた。 トム・ショルツが一人で多重録音して作った曲を再現するために 結成されたという本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR2013-2014 “斉藤&和義” 甲府

娘と斉藤和義のライブにいく。 斉藤和義はかつて山梨学院大学にいたことがあり 甲府は2年と少し暮らしたことのある街である。 会場からは「おかえり」という声がかかる。 良かった。 メンバーが全員違う楽器でやった「ずっと好きだった」 (「酒折男子高校学園祭にようこそ」と言ってやっていた)が良かった。 ドラムたたきなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オールナイトニッポンGOLDスペシャル~ありがとう大瀧詠一さん」 内容

既に、MCやインタビュー部分はYouTubeにアップされている 昨日オンエアされたニッポン放送の 「オールナイトニッポンGOLDスペシャル~ありがとう大瀧詠一さん NIAGARA Forever 」について その内容をお伝えしよう。 YouTubeでも楽曲音源はアップできないそうなのでどんな曲がかかったも 合わせてお知らせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オールナイトニッポンGOLDスペシャル~ありがとう大瀧詠一さん」 

今日は仕事はじめ。しかし、職場は いやに寒かった。床から冷気が立ち上っている感じで 本当に冷えたてしまった。 それでも、今日やらねばならない仕事を それなりにこなす。 今晩は、ニッポン放送で大瀧詠一氏を追悼する 「オールナイトニッポンGOLDスペシャル~ありがとう大瀧詠一さん NIAGARA Forever」が 22時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大瀧詠一氏逝去

信じられない。 「はっぴいえんど」「ナイアガラトライアングル」 「A LONG VACATION」 山下達郎の師でもある。 とにかく信じられない。 動揺している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交響曲第1番 HIROSHIMA/佐村河内守

10月26日 19時00分 サントリーホール 指揮 金聖響/東京フィルハーモニー交響楽団 演奏が終わって金氏と佐村河内氏がステージ上で抱き合う。 10分ほど拍手が鳴りやまず。 私の前の席の女性3人(姉妹OR友達?)が演奏を聴いて一様に泣いていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢は夜ひらく

藤圭子が自殺した。 彼女が一世を風靡したとき私はまだ小学生だったが(3・4年生) 「新宿の女」とか「夢は夜ひらく」は覚えている。 というかその頃のことは思い出せないものの、 歌詞は断片的にだが覚えていて歌える。それだけ流行したということだろう。 じっと見据えて歌うおかっぱ頭(じゃないと思うが、そんな感じの髪)が 印象的だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケルティック・ウーマンの「アメイジング・グレース」

「アメージング・グレース」は様々な人が歌っていて、それぞれに味わいがある。 ホイットニーヒューストンやジュディコリンズ、ヘイリー、 日本人だと白鳥英美子 なくなった本田美奈子のも、彼女の一生と重なって 迫るものがある。 ケルティック・ウーマンの「アメイジング・グレース」は 森沢明夫の『虹の岬の喫茶店』の中に登場する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナイトウォーク

いよいよ煮詰まったので 夜、音楽を聴きながら歩くことにした 聞いているのはPSY・S お気に入りは「Parachute Limit」
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久石譲

宮崎駿の今を考えるとき はずして考えられない人物が何人かいる と思うのだが、その一人に久石が入ると思う。 宮崎駿を考える時の 第一等の重要人物は 鈴木Pであろうが それに次ぐと思う。 宮崎駿が携わった作品の 音楽が彼でなかったら 展開は違ったものになったはずだ 鈴木と久石の年齢が近いことも 大きな意味が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜井センリ氏を悼む

クレージーのメンバーがまた一人 逝ってしまった。 巷間伝えられているように「孤独死」という ことならばあまりにも寂しい。 いうまでもないがクレージーキャッツの 面々は、ミュージシャンであって ただのお笑いタレントではない。 桜井氏と石橋氏の連弾も懐かしい 繊細な感じのピアノと比べると キンチョールのCMなどは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キドン・クレーメル

3日の文化の日にサントリーホールに 「サントリーホール スペシャルステージ キドン・クレーメル」 を聴きに行く。クレメラータ・パルティカというクレーメルによって 結成された室内アンサンブル、それにチェロのギードレ・ディルヴァナウスタイテが 共演している。 演目は「グサレ・グールドへのオマージュ」 ヴァインベルク「交響曲第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐藤博氏を悼む

キーボード奏者でピアニストの佐藤博氏が亡くなった。 山下達郎の楽曲で 私が好きなものの多くの ピアノやキーボードを担当されていた プロフェッショナルな音楽家が褒める プロ中のプロという感じの人だった。 打ち込みにも信じがたいこだわりと技を持っていて ポンタさんが「こんな人間くさい打ち込み聞いたことがない」と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PSY・S

9月~10月は、忙しい。 公演も3つ 〆切のある原稿が2つ なにより中間論文 校務も勿論あるので できたらもう一人自分がいたらと 本当に考える 全部仕上げられるのかと思うと 時々不安で寝られない そんな私の 9月からのBGMは PSY・Sなのだ 知っている人は知っている。 知らない人は知らな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ぴあ 山下達郎"超"大特集!」届く

月命日の墓参りの帰りに 一高に寄ってみたらオフだったらしく 百周年は空だった。 Y先生が出張だと聞いていたので オフにしたのかな。昨日のオフはいいとして この時期二日続けて休んで大丈夫?と思ったが… さて、今日の話題も昨日に引き続き山下達郎である。 多分「OPUS」の発売に遭わせて編まれたと思われる この企画。パラパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山下達郎 OPUS ALL TIME BEST 1975-2012

達郎のベストが今日アマゾンから届く。 相変わらず、CD一つにどでかい箱で届く。 失笑するも、この箱なら安心度100%だと思う。 さて達郎の「思い出の曲が、積み重なると、人生になる」 「時を越え、レーベルを越えた、究極のオールタイム・ベスト・アルバム!」 である。 私が達郎をはじめて聴いたのは 札幌で下宿生活をしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WORLD ODER LIVE 2012

東京国際フォーラム ホールAに 須藤元気の「WORLD ODER LIVE 2012」を見に行く 素晴らしかった パフォーマンスの高さはもとより 須藤元気という人間に魅せられたステージだった アンコールがかかるべきところで 客は続きがあると思い しじまが流れた メンバーが再登場 「ここでアンコールがかかる予…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

笛吹高校フォークソング部公開オーディション

今日は22日の学園祭に出場するバンドを決定する オーディション。これを公開にして一般の生徒にも 見てもらった。 参加バンドと楽曲は、出場順に 1 Call Thraw 「メランコリック」(Plastic Tree) 2 TORCHES 「Funny Bunny」(The pirrows) 3 Fallen Angel …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

THAT'S WHAT THEY SAY

BUDDY HOLLYを聴いている。 眼鏡のロックンローラー 世界中の多くのミュージシャンが憧れ コピーした憧れの人 そして僅か22歳であの世に旅立った人 「アメリカン・パイ」の人 萩尾望都の「アメリカン・パイ」も思い出す そう考えると、一人のミュージシャンが 後世に及ぼした影響は 遺伝子のように何代にもわたっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笛吹高 フォークソング部 部員に会う

雨の降る中、文化創造館の二階に フォークソング部を訪ねる。 部員と会うのは今日が初めてだ。 それにしても「フォークソング部」である。70年代か? 笛吹高の前身石和高出身のレミオロメンを輩出した 伝統の部名なのか? 「軽音」でいいような気も などと思いながら、一階で練習する卓球部の横を 通らせてもらって二階へ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨の物語

今日は雨だった 雨は嫌いではないのだが 降り方しだいかな 「雨の物語」という好きな曲の二番は 誰もが物語 その一ページには 胸はずませて 入ってゆく ぼくの部屋のドアに 書かれていたはずさ とても悲しい物語だと という歌詞で始まる 実はこの部分、違う歌詞が付けられていた しかしこの曲を歌う歌手の夫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンディローパー

昨年震災の時にも日本にいて 今年も被災地に行くなど 日本を励ましている。 ブレーク前にバイトしていた 日本人経営者のレストランで 親切にされ親日になったという。 彼女は学生時代に 苦しい経験が多かったように聞いた覚えがある。 空港でなにか問題が起こった時に 場内アナウンスで歌を歌って みんなを落ち着かせた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

伊勢正三 60th Annversary Live ~Shoyan's History~ 感想

行ってきました。NHKホール。 16時10分の開場時間には開かず、15分くらい待ったかな。 私の前に並ぶ人びと。男の方が多い気がした。 後頭部の薄くなった人。白髪の人。50代から60代くらいの人たちだ。 正やんは上下白、シャツもノーネクタイで白。それにサングラスという出で立ち。 曲目を紹介する。 最初に「そんな暮…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Rock'n Roll Widow

最近、山口百恵さんに凝っていて 中でも「ロックンロールウィドウ」が好きです。 いろんな人がカヴァーしてますが 宇崎竜童さんと井上尭之さんと杏子さんのがいいと思います。 あとGENTLE 3(宇崎竜童さん、岩城滉一さん、世良公則さん)のもかなりいい。 聴いたことないひとは聴いてみてください。 http://
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不滅の恋 ベートーヴェン

第九のシーズンである。 先だってすみだトリフォニーホールに 佐渡裕指揮の東京フィルハーモニー交響楽団創立100周年記念特別演奏会 「第九」を聴きに行った。 思い出すのはゲイリー・オールドマンがベートーヴェンを演じた 「不滅の恋 ベートーヴェン」のラストの第九である。 オールドマンはとても好きな役者だ。「レオン」の麻薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more