テーマ:学ぶ

本をムシャムシャ読む

とにかく足りないのは読書量と思い とにかくムシャムシャ読むことにした。 新書レベルの本は一日に一冊読めるし読むことに ハードカバーも厚さによるものの、三日くらいで上げていきたい 最近80冊ほど本を買ったのでとにかく手当たりしたい読む 20万くいかな。読まなきゃと思う本がとりあえずそれだけあった もっと精査するればまた10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスプレとBL

今日のゼミの発表はM2のKさんのコスプレについてだった。 とても面白かった。 見てもらったり写真を撮ってもらうのは良いのだが コスプレしているキャラクターを知っていて そのクオリティを評価してほしいということで 単なる女性として被写体にされるのは嫌だということだった。 まぁ、見てほしいのは自分のやりたいことを分かってくれる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ナウシカ」論への道

大学院に通って8ヶ月 様々なことを知ることによって 逆にしたかったことへの道が遠のいた感じがした時もあったが ここに来て、様々なことを知ったことが少しずつ、 じっくりとしたかったことに繋がり始めたように思う。 「ナウシカ」への道が かつて考えていたのとは大分違う形で 見えてきている気がする。 かなりの本を読んだり、読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知らないことが多すぎる

50年近く生きているのに 知らないことがありすぎる 今日の2限は佐々木果先生のマンガアニメーション芸術文化論演習 M1のFさんの発表 とても面白かった 内容省くが ちらっと思ったことだけ 「チェルフィッチュ」は能や狂言に近いんだなぁ それにしてもなぜこんなに私はものを知らないのだろう この世の中のほんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永井愛

永井愛の「ら抜きの殺意」について 来週の火曜日の松井憲太郎先生の講義で発表するので 彼女の作品を読み直している。 今日は「時の物置」「萩家の三姉妹」「兄帰る」の三本を読んだ。 面白い。というかうまい。 ら抜きも見たし、新・明暗もみた。片づけたい女達も 歌わせたい男達もみた。外れのないひとだ。 どの立場にも偏らない描き方は凄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなもと太郎先生の特別講義

今日の夏目ゼミは みなもと太郎先生にお越しいただき 特別講義をしていただいた。 夏目先生との古今のマンガ談義が 万才のようで大変面白かった。 とても興味深いお話しをいただいたのだが あまりにも多岐に渡っており ここではまとめにくい。 ただ、個人的に面白かったのは 石森(石ノ森)章太郎の「マンガ家入門」が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロールズ『正義論 改訂版』新訳刊行記念 「社会と心の《正義》を求めて」

夕べ、紀伊国屋サザンシアターで行われた ロールズ『正義論 改訂版』新訳刊行記念 「社会と心の《正義》を求めて」 に行ってきた。 構成は第一部に川本隆史氏の30分ほどの講演。 続いて第二部として 竹田青嗣氏と香山リカ氏を交えて、 司会 神島裕子氏で鼎談。 面白かった。折からマイケルサンデスの白熱教室ブームなどもあって ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都立多摩図書館で大量にコピーする

先日は雨の中、都立多摩図書館に行った。 西国立で降りて、徒歩10分。 前の晩にPCで作っておいた貸出票を窓口で出す。 中は広くて、私が着いた10時30分頃にはかなりの人がいた。 お年寄りが多いが、若い人もちらほらいる。 私の目的は「Comic Box」という雑誌のバックナンバーを見て コピーを取ること。見たかった号数…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

学習院の秋

学習院の秋の風景 山手線の目白駅で降りて 1分歩いて構内に入ると 深閑とした森の佇まい 銀杏が多いのでギンナンの匂いがちょっと 気になるものの 都心にこれだけの木々があるのは ちょっとすごい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明るい部屋

バルトの明るい部屋は 面白い それまでのバルトと 違っている そこにあるのは「死」 「温室の写真」のくだりは 何度も読んでいると 泣けてくる 面白いし 共感できるし 感動的だと思う
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の長谷先生の講義

学習院の講義が他大学より早く始まっているせいで 長谷先生の今日の3限目の「映像芸術批評研究」は 早稲田での会議のため30分の短縮版にならざるを得なかった。 後期の講義の運営の仕方、早い話ゼミ発表の順番決めが 主だっのだが、それに至るまでの30分(実際には40分)の 講義が実に刺激的だった。 あまりに刺激的で、かつ、将来的に先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発表終わる

「ほしのこえにおけるクラウドスケイプについて-アニメーションにおける「雲」の意味」という 佐々木果先生のゼミでの発表がなんとか終わった。 結局、結論めいたことも新味のあることも言えなかったのだが あれから8年たって少し冷静に当時の評言などもある程度 客観的に精査しながら振り返ることができたのは 自分にとっては意義あることであっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダミッシュ「雲の理論」

ユベール・ダミッシュの「雲の理論」を読んでいるのだが 私があまりにも常識がないために読み進められない。 しかし、とても重要で興味深いことが書かれていることは なんとなく分かる。 情けないものである。 足りない頭で考えるに 古来より雲を描くということは 困難なことだった。 透視図法が発見されて 建物と同様に空も幾何学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新海誠氏に思う

小説家だと思う この人が表象しようとしてることは きっと小説がもっとも適しているように思う なんでも出来る人なんだろう だからなんでもできるアニメがいいのかな 自分で全てをできるという意味で 私はなんでもできる人間ではないが なんでもしたい気はあって それで芝居をしている 脚本・演出・役者・照明・音響・装置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラウドスケイプ

今週金曜日にゼミで「ほしのこえ」論をする関係で 関係の論文や評論、記事を読んでいる。 京大の加藤幹郎氏が「新海誠アニメーションにおけるクウラドスケイプ」 という論をお書きになっているが、大変興味深い。 それにしてもアニメにおける雲とはなんなのだろう。 宮崎駿、押井守、細田守…印象的な雲の絵を表現する監督は多い。 私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮本大人先生の特別講義

今日の夏目先生の自主ゼミは宮本大人先生をお迎えして 「何のために人を斬るのか?-『赤胴鈴之助』から『忍者武芸帳』、『バガボンド』まで-」 という題名で講義をしていただいた。 6時間にも及ぶかという熱のこもった講義であった。 前半、明治期から戦前・戦後、赤胴鈴之助まで、 中盤、白土三平について 後半『バガボンド』について …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼミ合宿報告

福島県南会津郡只見町になる「昭和漫画館 青虫」に 二泊三日のゼミ合宿に行った。 ここには貸本が開架で相当数置かれており 自由に読むことができる。 一見、「貸本博物館」のようで 見るだけのところのように思うが 漫画喫茶的に1時間500円でドリンク付き。 多くの来館者はあまり読むこともなく 眺めて懐かしみ、1時間もいない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼミ合宿終わる

福島県の只見にある 昭和漫画館 青虫に二泊三日で行ってきました。 詳細はまた明日。 今日は外観と内部の様子を写真で紹介します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼミ合宿迫る

今日は一週間ぶりに大学の自主ゼミ。 今日は金田淳子先生を招いて BLの話など。都合で全部お聞きすることが出来ず残念。 さて、今週末はゼミ合宿で福島県の昭和漫画館青虫に 二泊二日で出かける。 場所は南会津郡只見町大字只見字田中1085というところで 福島県とは言いながら新潟県に近い。 福島県は結構大きいから新潟と接してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目ゼミ・ヤマダトモコ先生の講義

昨日の熱中症の後遺症を心配しながらも 大学に向かう。天気がよく、車に乗っていても じりじりと焼かれる感じだ。 今日はヤマダトモコさんの「少女マンガは少年マンガに どのように影響を与えたか」というお話し。 川原和子さんなどお仲間も来ていた。 また、京都から高柳紫呉さんも来ていて、久々にお会いした。 元気そうで何より。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修士論文中間発表会

10時から4時まで12人の発表をお昼を挟んで聞く。 一人は発表10分、質疑応答、講評10分なのだが 人数が人数だけに結構大変だった。 学習院の身体表象文化学には 演劇・映像・マンガ/アニメ・ジェンダーと 大きく四つの分野があるので それぞれから数人ずつ発表があったわけだ 当然近接領域とはいえ、畑は違うわけで 勉強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大藤信郎展と押井守展に行ってきた

今日は、佐々木果先生と夏目ゼミの有志で 二つの展覧会に行ってきた。 一つは京橋のフィルムセンターで行われている 「アニメーションの先駆者 大藤信郎」展。 千代紙アニメ、セロファンアニメを考案した人で 戦前・戦後と活躍した。後年は日本での ステータスがやや下がったもののカンヌやベネチア映画祭で 賞を受賞し、世界的に認められた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

暑い

甲府は36.7度。 全国には39度を越えたところもあったらしいから まだマシな方なのか。 家内が誕生日プレゼントに付けてくれた エアコンがなければ私は書斎にいられないだろう しかし、去年までどうしてたのか そうそう寝室に簡易な机を持っていってそこで仕事してたんだ 今年はまだ熱中症にやられてない 夏休みに入ってDV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じ時代を生きるということ  若者は年寄りに嫉妬するか

チャップリンを観ている 今日は「ライムライト」を観た 15歳の時にチャップリンが死んだ 日記が残っていて 開くと恥ずかしさのあまり死にかねないので 封印しているのだが 自分がチャップリンの死に際して なにを書いたのかを知りたくて 引っ張りだしてみた なぜチャップリンの死んだ日に日記を 書いたかを覚えているかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休み前の講義終わる

今日の五限は夏目ゼミで24日修論の中間発表をする 修士の人達のプレ発表会 2時間30分かかって4人の人が発表。さすがに 少々疲れた。 でも、とても面白かった。 みなさん頑張って中間発表乗り切ってください。 そして、内容の濃い修論を書いてください。 佐々木先生と少し話す時間が持てて それもよかった。 私も人のことを言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁じられた遊び  長谷先生の今日の講義

長谷先生は昨日体調を崩されて 早稲田の講義の方は休講されたそうで 今日も無理しない方がいいのでは、と思った 今日は「禁じられた遊び」についてバザンが語ったことが題材だった 最後の方で岡田さんが「禁じられた遊び」と「蛍の墓」の類似性について触れ それは私もそう思っていたので興味深かった すると体調の悪いはずの長谷先生は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の講義から

火曜日の5限は松井先生の演劇・ドラマトゥルグの講義。 永井愛について「歌わせたい男たち」の感想から、地方で演じることについて みんなで語りあう。 不思議だと思うことがある。私の専攻はマンガだが マンガのゼミでは夏目先生に「今日一言も喋っていない砂澤さん」という 枕詞をよく付けられる。 まぁ、どちらかというと喋らない方だから仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんとなく充実した日だった

朝3時に起きてデンマーク戦応援 そんなにサッカーに思い入れがある、という方ではないのに 結構一生懸命応援 快勝で気分よく でも一時間だけ寝ようと思い 5時30分から6時30分まで仮眠 起きて、シャワー 朝食をとって大学へ 昨日からずっと本を読んでいて 面白いからいいのだが 冊数がかなりあるので たいへん …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑い

梅雨の晴れ間ということで 天気が良かった 木曜はとっている講義がないので 家にいて図書館にいったり 家で勉強することが多い しかし、この暑さなので どうしてもだらだらしがちだ 大学に通い始めて3ヶ月たとうとしている 通学の疲れがさすがに最近はこたえて 体調も今一歩なのだが この調子では 論文も書けないし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体調崩す

今日、よりによって長谷先生の講義中に とても具合が悪くなり、どうなるかと思った。 頭痛がひどく、汗がブワーッと噴き出してきて 座っていたのだが倒れそうになった。 この時、長谷先生がとても 興味深い話をされていて、メモはとったものの 意識も若干ぼんやりしていたので とても残念なことをした。 先生は夢を…(意識朦朧)… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more