テーマ:映画

「人間失格 太宰治と3人の女たち」 雑感

2019 日本 監督/蜷川実花 脚本/早船歌江子 出演者/小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ     成田凌 千葉雄大 瀬戸康史 高良健吾     藤原竜也 文豪ブームというか、太宰好きな人が多いのか こういう映画が撮られるのかという感じ。 小栗旬が頑張っていてそれなり。 ま、フィクションなので割り切って見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Rocketman」 雑感

2019 英国/米国 監督/デクスター・フレッチャー 製作/マシュー・ヴォーン/エルトン・ジョン 出演者/タロン・エガートン/ジェイミー・ベル 良かった。趣向も理解できた。 「ボヘミアンラプソディ」を彷彿させたが 監督が同じだからか。 もっともフレディとエルトンは共通点が多い。 愛に餓え、ゲイで、奇抜なファッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新聞記者』雑感

2019 日本 監督/藤井道人 脚本/詩森ろば・高石明彦・藤井道人 原案/望月衣塑子「新聞記者」・河村光庸 出演/シム・ウンギョン、松坂桃李 甲府のセントラルBeで見る。やっと甲府でも見ることができた。 評判に違わず、良い映画だと思う。 シム・ウンギョン氏の演技は凄いと思う。 松坂桃李氏の内面演技は賞をあげた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海獣の子供 雑感

2019  日本 原作:五十嵐大介 監督:渡辺歩 キャラクターデザイン:小西賢一 音楽:久石譲 制作:STUDIO 4℃ 五十嵐大介氏の作品が好きである。 魔女もよかったし、海獣の子供はそのタッチが 魅力的だ。 氏の絵をアニメにする、そんな事ができるのか と思った。あの独特の筆致。ボールペンでマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『空母 いぶき』雑感

2019 日本 監督/若松節朗 脚本/伊藤和典・長谷川康夫 音楽/岩代太郎 原作/かわぐちかいじ 西島秀俊/佐々木蔵之介/本田翼 益岡徹/斉藤由貴/中井貴一/佐藤浩市 どうなんでしょう。 原作を知っている身としては 評価は厳しくならざるを得ない。 というか、こんなお話しだったっけと 言いたくなる。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ハンターキラー 潜航せよ』雑感

『Hunter Killer』 2018 米国 監督/ドノヴァン・マーシュ 原作/ドン・キース・ジョージ・ウォレス『Firing Point』 キャスト ジョー・グラス: ジェラルド・バトラー チャールズ・ドネガン: ゲイリー・オールドマン ジョン・フィスク: コモン マルティネリ: ゼイン・ホルツ アイリーン・ドーヴァ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンブック 雑感

2018 米国  監督:ピーター・ファレリー 脚本:ニック・バレロンガ/ブライアン・ヘインズ・クリー /ピーター・ファレリー 出演者:ヴィゴ・モーテンセン/マハーシャラ・アリ オスカーを3部門受賞した作品として 注目を集める中、封切り翌日に見に行く。 客席はかなり埋まっていた。 1962年、NYのナイトクラブ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」雑感

2018 日本 原作 渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」 監督 前田哲 脚本 橋本裕志 大泉洋/高畑充希/三浦春馬 萩原聖人/渡辺真起子/宇野祥平 韓英恵/竜雷太/綾戸智恵 佐藤浩市/原田美枝 原作はかつて山梨県立大学看護学科の 推薦入試・課題図書だったことがあり知っていた。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲 雑感

2018年 英国/原題『Johnny English Strikes Again』 監督/デビッド・カー キャスト/ ローワン・アトキンソン/ベン・ミラー/オルガ・キュリレンコ エマ・トンプソン/ジェイク・レイシー 『ジョニー・イングリッシュ』シリーズの第3弾 Mr.ビーンのローワン・アトキンス演じる 英国諜報機関「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボヘミアンラプソディー  雑感

2018 英国・米国 監督 ブライアン・シンガー[デクスター・フレッチャー] 脚本 アンソニー・マクカーテン 原案 アンソニー・マクカーテン     ピーター・モーガン 出演者 ラミ・マレック/ルーシー・ボイントン/グウィリム・リー ベン・ハーディ/ジョゼフ・マゼロ/エイダン・ギレン/トム・ホランダー 良かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華氏119 雑感

2018年 米国  監督・脚本・出演 マイケル・ムーア トランプ大統領を追いながら 米国の現状を描く。 特に民主党の内部事情が痛烈で トランプ批判よりも強烈かもしれない。 民主党が行った選挙の不正 (バーニー・サンダースが55郡全てで勝っていたのに全て ヒラリー・クリントンの勝利にした) ミシガン州フリントの水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメラを止めるな 雑感

2017 日本 監督・脚本・編集:上田慎一郎 ​出演:濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰 細井学 市原洋 山﨑俊太郎 大沢真一郎 竹原芳子 浅森咲希奈 吉田美紀 合田純奈 秋山ゆずき 今日は昼間東京で教科書の編集会議 甲府に戻って夜、家内と「カメラを止めるな」をTOHOシネマズ甲府にて いろいろ噂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーシャンズ8 雑感

2018 米国 監督 ゲイリー・ロス 脚本 ゲイリー・ロス 製作 スティーブン・ソダーバーグ     ジョージ・クルーニー 出演者 サンドラ・ブロック/ケイト・ブランシェット/アン・ハサウェイ ミンディ・カリング/サラ・ポールソン/オークワフィナ リアーナ/ヘレナ・ボナム=カーター 面白かった。オーシャンズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 定期公演への道27 ばらし

今日で授業は終わり。 明日昔で言う終業式(2期制なので終業式とは言わない)。 甲府もついに40度を超えて40.3℃ 不思議とさほどこたえなかった。 今日から学園祭公演の装置のばらしに入る。 今までばらさなかったのは、定期公演の装置が決まっていなかったため。 先週末、作るものが決まったためやっと解体を始めた。 後…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

未来のミライ 雑感

今日、上田市のサントミューゼを見に行った。 今年の全国大会の会場で、その道行きや、会場の様子を 下見に行ったのだ。 ホールはすばらしかったのだが、その建物の前に イトーヨーカドーとTOHOシネマズが入った「ARIO」という ショッピングモールがあり、 そこで昼食を摂り、映画を見た。 というわけで「未来のミライ」の雑感で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ちはやふる-結び-」雑感

2018 日本 原作 - 末次由紀  監督・脚本 - 小泉徳宏  音楽 - 横山克 広瀬すず・野村周平・新田真剣佑・上白石萌音・矢本悠馬・森永悠希 松岡茉優・國村隼・優希美青・清原果耶・佐野勇斗・賀来賢人 2年ぶりの完結編 なかなかの仕上がりだった 全体に抑制が効いていて しまった感じ。競技的にもドラマとしても 落ち着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔女の宅急便

今日も課外。ただし私はコマが無かった。 たまっていた細々した仕事をする。 部室に貼ってあるフライヤーや舞台写真に キャプションをつける。 日直だったので最後に施錠して帰宅。 日テレで魔女宅をしていた。 帰省していた娘が、見たことがないというので 一緒に見る。 私としても本当に何年ぶり、というか十何年ぶりくらい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BLEAD RUNNER 2049 雑感

2017米国 監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ 脚本 ハンプトン・ファンチャー/マイケル・グリーン 原案 ハンプトン・ファンチャー 原作・キャラクター創造 フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 製作 アンドリュー・A・コソーヴ 製作総指揮 リドリー・スコット 出演者 ライアン・ゴズリング/ハリソン・…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あさひなぐ 雑感

2017日本 監督・脚本 英勉/原作 こざき亜衣 西野七瀬/桜井玲香/松村沙友理 白石麻衣/伊藤万理華/ 富田望生 生田絵梨花/江口のりこ 遅ればせながら観に行ってきた。 抑制の効いたいい作りだと思う。 あっという間にエンディングを迎えた。秀作
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」雑感

2017 日本 監督 廣木隆一/脚本 斉藤ひろし/撮影 鍋島淳裕/原作 東野圭吾 主題歌の「REBORN」を9月中旬からずっと車で聞いていて 門脇麦(セリ)Ver.も山下達郎Ver.も聞いていたので 最初から感動的だった。ここまで、曲がストーリーの根幹に関わっていると 予想していなかった。 山田涼介、村上虹郎、寛一郎…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「メアリと魔女の花」雑感

2017日本 監督/米林宏昌  脚本/坂口理子・米林宏昌  音楽/村松崇継  原作/メアリー・スチュアート 制作/スタジオポノック 「字の下手な小学生が原稿用紙の一マス、一マス、お手本を見ながら丁寧に丁寧に書いたら 10枚も書いてしまいました」といった風情。 米林監督と西村義明プロデューサーのコンビはジブリ以来のものだろ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

TAP -THE LAST SHOW- 雑感

2017年 日本 監督/水谷豊 脚本/ 両沢和幸 音楽/佐藤準 水谷豊の初監督作品。主演も。 40年も温めていた企画だという。 かつて天才タップダンサーの名をほしいままにした渡真二郎(水谷)。 しかし公演中の事故で踊れなくなる。 『TOPS』の支配人(岸部一徳)から劇場を閉めるので最後のショーの演出をしてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「花戦さ」雑感

2017日本/監督 篠原哲夫/脚本 森下佳子/ 音楽 久石 譲/原作 鬼塚 忠 良かった。もともとこの話の大枠は太閤秀吉と利休の確執であろうと思うが、 そこに池坊専好という人物を入れ、そこにスポットを当てて話が進む。 野村萬斎は「のぼうの城」同様、少しピントがずれているものの人間としての核心を 生きる者として描かれている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世界の片隅に  雑感

2016年 日本 原作  こうの史代  監督 片渕須直 やっと甲府のTOHOシネマズでかかることになり 見てきた。中くらいの空間で1日に2回しかやらないせいか 満席だった。客の年齢層は、結構高い。評判を聞いて来たという 感じの落ち着いた中高年のカップルも結構いた。 私も家内と母とで見に行く。 評判に違わず、いい映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「君の名は。」雑感

新海誠が「ほしのこえ」以来 描き続けてきたものの延長にある すれ違いというモチーフ。 それはある意味で「秒速5センチメートル」で 極めてしまったものだと思う。 本作は、とても見やすい。 物語として受け入れやすい。 エンターテインメントとして優れている。 細密描写をあえて朧化させ 目がそこにばかりいかない程度に 一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ONE PIECE FILM GOLD』 雑感

2016 日本 原作・総合プロデューサー 尾田栄一郎/監督  宮元宏彰 遅ればせながら観てきた。 派手な映画である。いたるところ金づくし。 声優も豪華で、アニメーション技術の素晴らしさはいまさらいうまでもない。 が、やや食い足りない感じがするのは テゾーロとドフラミンゴが重なって見えるからか。 もちろん、これはあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ゴジラ 雑感

2016 日本 監督・特技監督:樋口真嗣、准監督・特技統括:尾上克郎、脚本・編集・総監督:庵野秀明 遅ればせながら「シン・ゴジラ」をTOHOシネマズ甲府で観る。 面白かった。 エヴァであり、したがって使徒であり、巨神兵である。 特撮も凄いが 政府内のもたつき加減とか 日本は米国の属国的観点とか 中露(および仏国)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ちはやふる 下の句 雑感

2016 日本 /監督 小泉徳宏 /原作 末次由紀 4日遅れで「下の句」を見る。 展開が早かった「上の句」とは異なり 人の内面に重きを置いたじっくりした作り。 今作から登場する最強クイーン・若宮詩暢役の 松岡茉優もなかなかいいが 個人的には真剣佑の泣くシーンが良いと思う。 あんなにきれいに泣けるなんて…と思ってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちはやふる 雑感

2016 日本 監督・脚本 小泉徳宏/原作 末次由紀 3月19日(土)の23時00分の回を見る。 初日のレイトショーとしてはやや空席が目立ったが 来ているのは明らかに原作のファンかと。 端的にいって「良かった」。 ここ数年、文化部の部活を描いた映画・マンガ・アニメに 秀作・佳作が多いが 末次由紀の「ちはやふる」の実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リタと大学教授」

1983 英国 監督ルイス・ギルバート 脚本ウィリー・ラッセル 今日は午前中病院にいって検査。その後家にもどって 映画「リタと大学教授」を観る。午後は出張で甲府西高。 上野原には行ってないので、部活には出てない。 さて「リタと大学教授」である。 この映画は、日本では公開されなかった。 ビデオは販売されたが、DV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more